児玉 悟 Kodama Satoru

ID:9000020819753

大分大学医学部耳鼻咽喉科 (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-15 of 15

  • 画像から読み取る手術所見  [in Japanese]

    児玉 悟

    Nihon Bika Gakkai Kaishi (Japanese Journal of Rhinology) 51(1), 73-74, 2012

    J-STAGE 

  • 経鼻ワクチンによる免疫誘導  [in Japanese]

    児玉 悟

    Nihon Bika Gakkai Kaishi (Japanese Journal of Rhinology) 51(1), 58-59, 2012

    J-STAGE 

  • Management of Posttraumatic Nasal Septum Deviation<br>— Effectiveness of Septorhinoplasty —

    Tateyama Kaori , Kodama Satoru , Noumi Nozomi , Noda Kenji , Suzuki Masashi

    陳旧性外傷による鼻中隔彎曲症は著明な鼻中隔の肥厚や, 鼻中隔前方の強い彎曲を伴い手術に難渋することがしばしばある。通常の鼻中隔矯正術は鼻中隔の前端に切開をおく鼻内からのアプローチが一般的であるが, 陳旧性外傷による外鼻変形及び鼻中隔前方の強い彎曲や肥厚を伴った鼻中隔彎曲症に対しては, 鼻内からのアプローチのみでは限界があり, 充分な矯正が困難な場合がある。今回, 我々は陳旧性外傷による鼻閉を主訴と …

    Nihon Bika Gakkai Kaishi (Japanese Journal of Rhinology) 50(4), 465-473, 2011

    J-STAGE 

  • Problems in Ambulatory Practice Relating to Laryngeal Tuberculosis : A Case Report  [in Japanese]

    Noda Kenji , Kodama Satoru , Noda Kanako , Suzuki Masashi

    喉頭結核は現在,結核の0.1~0.2%にすぎないが,年間40例近い患者を認めており,耳鼻咽喉科外来診療において忘れてはならない疾患である。今回,喉頭結核症例を経験し耳鼻咽喉科外来診療の問題点について考察したので報告する。<br>症例は52歳,男性。主訴は嗄声。声門下腫瘍の診断にて,近医耳鼻咽喉科より当科紹介となった。喉頭内視鏡検査にて左声帯から声門下に白色,壊死状の病変を認めた。生検結 …

    Nihon Kikan Shokudoka Gakkai Kaiho 62(3), 355-359, 2011

    J-STAGE 

  • Endoscopic Dacryocystorhinostomy with Mucosal Flap

    Kodama Satoru , Hirano Takashi , Suzuki Masashi

    近年, 内視鏡下の鼻内涙嚢鼻腔吻合術が行われるようになったが, 術者により手技が異なっている. われわれの手術の工夫について報告する.<br>鼻堤を基部としたaxillary flapを下方に延長した粘膜弁を作成し, 上顎骨前頭突起と涙骨を削開し, 涙嚢を露出させる. 涙嚢を工の字形になるように, 縦切開と上下に横切開を加え, 前後に翻転する. 開窓部の大きさに合わせて, 粘膜弁をトリ …

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 114(10), 820-823, 2011

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Open Septorhinoplasty by Jananese Otorhinolaryngologists

    Kodama Satoru , Noda Kanako , Tateyama Kaori , Suzuki Masashi

    While rhinoplasty is an important issue among otorhinolaryngological societies in the United States, Europe, and Korea, Japanese otorhinolaryngologists remain unfamiliar with external nose surgery, an …

    Nihon Bika Gakkai Kaishi (Japanese Journal of Rhinology) 48(2), 117-122, 2009

    J-STAGE 

  • A Case of Forestier's Disease: Usefulness of 3-D CT for Evaluation of Cervical Spinal Ossification  [in Japanese]

    Kodama Satoru , Oribe Kanako , Suzuki Masashi

    Forestier病は脊椎の前縦靱帯を中心に広範に骨化をきたす疾患であり,その症状は初期には無症状か軽微であることが多い。今回,われわれは咽頭違和感を主訴としたForestier病の1例を経験したので報告する。頸椎病変の割に臨床症状が軽度であったため経過観察とした。咽頭違和感の原因として頸椎病変も考慮すべきである。Forestier病の診断は理学的所見と単純X線にて比較的容易であるが頸椎骨化病変の …

    Nihon Kikan Shokudoka Gakkai Kaiho 58(1), 71-75, 2007

    J-STAGE 

  • Differential cytokine production via TLR9 in human tonsillar plasmacytoid dendritic cells  [in Japanese]

    Kodama Satoru , Suzuki Masashi

    扁桃の形質細胞様樹状細胞 (PDC) の特徴や機能について解析を行なった.口蓋扁桃よりPDCを分離精製し, フローサイトメトリーとRT-PCRにて表面抗原とtoll様受容体 (TLR) の発現について解析した.またAタイプとBタイプのCpGにて刺激し, サイトカイン産生についてELISAにて検討した.PDCはLin<SUP>-</SUP>, CD4<SUP>+& …

    Stomato-pharyngology 17(3), 385-392, 2005

    J-STAGE 

  • ROLES OF NASAL B-1 AND B-2 CELLS IN PROTECTIVE IMMUNITY

    Kodama Satoru , Suzuki Masashi , Mogi Goro , Hiroi Takachika , Kiyono Hiroshi

    B cells can be separated into at least two subsets, B-1 and B-2 cells, based on the expression of CD5 and CD45R/B220. B-1 cells are phenotypically and functionally distinct from conventional B cells ( …

    Nihon Bika Gakkai Kaishi (Japanese Journal of Rhinology) 39(4), 329-336, 2000

    J-STAGE 

  • 3. アデノイドB-1細胞・B-2細胞によるCD4<SUP>+</SUP>T細胞のサイトカイン産生の制御  [in Japanese]

    児玉 悟 , 有田 実織 , 鈴木 正志 , 茂木 五郎

    Stomato-pharyngology 12(1), 33-33, 1999

    J-STAGE 

  • 2. アデノイドB-1細胞の免疫応答と生体防御における役割  [in Japanese]

    有田 実織 , 児玉 悟 , 鈴木 正志 , 茂木 五郎

    Stomato-pharyngology 12(1), 32-32, 1999

    J-STAGE 

  • Effect of tonsillectomy on specific immune responses for nontypeable Haemophilus influenzae.  [in Japanese]

    Suzuki Masashi , Kodama Satoru , Sakamoto Naoko , Mogi Goro

    口蓋扁桃摘出術の, インフルエンザ菌に対する特異的免疫応答に及ぼす影響について検討した.対象は, 慢性扁桃炎または扁桃肥大により口蓋扁桃摘出術を施行した, 3歳から66歳 (平均18.1歳) の32症例である.扁桃組織, 扁桃上皮細胞内, および術前後での鼻咽腔液のインフルエンザ菌の培養とともに, 扁桃のP6特異的抗体産生細胞数を測定した.また術前後で, 鼻咽腔液のP6特異的抗体価およびサイトカイ …

    Stomato-pharyngology 11(2), 277-285, 1999

    J-STAGE 

  • Functional analysis of NALT immunity.  [in Japanese]

    Kodama Satoru , Hiroi Takachika , Kurono Yuichi , Suzuki Masashi , Mogi Goro , Kiyono Hiroshi

    鼻咽頭関連リンパ組織 (NALT) は上気道における粘膜免疫誘導組織として考えられているが, その機能については十分な解析がなされていない.本研究ではマウスNALTのCD4<SUP>+</SUP>T細胞を中心に分子・細胞レベルでその機能解析を行ない, また実効組織である鼻粘膜 (NP) との比較により, NALTの誘導組織としての特徴を明らかとした.すなわち未免疫の状態では …

    Stomato-pharyngology 10(2), 169-174, 1998

    J-STAGE 

  • Immune responses of human palatine tonsils against bacterial antigens.  [in Japanese]

    Kurono Yuichi , Suzuki Masashi , Sakamoto Naoko , Kodama Satoru , Mogi Goro

    ヒト口蓋扁桃の上気道における免疫学的役割について検討するために, 扁桃リンパ球のインフルエンザ菌P6, およびOK-432扁桃局所注入あるいは経鼻投与後の化膿連鎖球菌M蛋白に対する免疫応答を観察した.鼻分泌液および血清中の抗原特異的抗体活性をELISAで測定し, 扁桃から比重遠心法で分離した単核球中の抗原特異的抗体産生細胞数をELISPOTにより測定した.さらに抗CD<SUP>4< …

    Stomato-pharyngology 10(2), 161-167, 1998

    J-STAGE 

  • Induction of IgA Immune Responses in Nasal Mucosa by Intranasal Immunization of BALB/c Mice

    Kurono Yuichi , Xiao Yan-Ling , Kodama Satoru , Mogi Goro , Yamamoto Masafumi , Kiyono Hiroshi

    Mice were immunized intranasally, orally, intratracheally, or intraperitoneally with outer membrane proteins (OMP) of <i>Haemophilus influenzae</i> and cholera toxin (CT), and Th1/Th2 and …

    Nihon Bika Gakkai Kaishi (Japanese Journal of Rhinology) 36(2), 117-121, 1997

    J-STAGE 

Page Top