坂本 圭児 SAKAMOTO Keiji

Articles:  1-1 of 1

  • Study on the Consciousness of Dwellers to Remanant Trees of <I>Ulmaceae</I> in an Urban Area  [in Japanese]

    YOSHIDA Hironobu , SAKAMOTO Keiji , KAWAI Ken

    京都市街地に孤立木として残存するニレ科の大径木について, 所有者と周辺住民にアンケート調査を行い, その意識を調べた。所有者では社寺と民家などその立場の違いで, また, 住民では残存木からの距離の違いで意識か異なることが判明した。所有者と住民では残存木に対する判定構造に違いがあるが, ともに「迷惑さ」と「歴史性」または「評価性」という相反する意識の均衡のうえで残存が維持されていることが考察された。

    Journal of the Japanese Institute of Landscape Architects 51(5), 228-233, 1987

    J-STAGE  Cited by (1)

Page Top