棟方 昭博 MUNAKATA Akihiro

ID:9000020858875

弘前大学医学部第一内科 First Department of Internal Medicine, Hirosaki University School of Medicine (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 20

  • A case of Pneumatosis cystoides intestinalis and intestinal pseudo-obstruction in overlap syndrome manifested by polymyositis and scleroderma  [in Japanese]

    SAWAMURA Noriko , ISHIGURO Yoh , YAMAGATA Kazufumi , KAWAGUCHI Shogo , YOSHIMURA Tetsuro , MIKAMI Tatsuya , SASAKI Yoshihiro , FUKUDA Shinsaku , MUNAKATA Akihiro

    症例は50歳,女性.平成5年より多発性筋炎(PM)で近医に通院していた.平成14年末より腹部膨満感が出現.画像検査にて偽性腸閉塞症および腸管嚢腫様気腫(PCI)の所見がみられ,また,PMに強皮症を合併したoverlap症候群と診断した.高濃度酸素療法にてPCIの所見は消失したが,上部消化管造影検査で偽性腸閉塞症は残存していた.本症例のPCIは強皮症による腸管運動能の低下による偽性腸閉塞症が誘因のひ …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 102(6), 706-711, 2005

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 大腸炎症性疾患の診断・治療の最新の動向:-潰瘍性大腸炎を中心に-  [in Japanese]

    棟方 昭博

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 52(9), 746-746, 1999

    J-STAGE 

  • Inflammatory bowel disease.Advances in diagnosis and treatment.1.Inflammatory bowel disease.Diagnosis and disease state.1.Symptoms and knacks of diagnosis.  [in Japanese]

    吉田 豊 , 棟方 昭博

    潰瘍性大腸炎(UC)とCrohn病(CD)の症候論について述べた. UCでは血便が必発の症状であり,診断は血便からの鑑別を中心に進めるべきである. CDでは腹痛,全身倦怠,下痢が3徴候であり類似の症状を呈する疾患の鑑別が診断上重要である.両疾患ともに診断に特異的所見はないため,疾患に特徴的な所見の把握と除外より総合的になされる.

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 82(5), 627-631, 1993

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Efficacy of Ballon Dilation in Crohn's Rectal Stricture. A Case Report.  [in Japanese]

    Yamagata K. , Sasaki Y. , Uno Y. , Nakajima H. , Saito H. , Munakata A. , Yoshida Y.

    33歳の女性.昭和54年腹痛にて発症したクローン病である.緩解と再燃・再発を繰り返し外来通院中であったが,平成4年2月より体重減少,腹痛,排便障害あり入院し,注腸X線検査および内視鏡検査で直腸に全長4cmの狭窄を確認し,クローン病による直腸狭窄と診断した.この狭窄に対して筆者らはバルーンカテーテルによる拡張術を試みた.拡張圧をリアルタイムにモニターする装置を作製し,クローン病に合併した直腸狭窄の保 …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 46(7), 886-890, 1993

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Polyp and cancer in the stomach and intestine.An advance of diagnosis and treatment.1.The diagnosability from the mass examination.4.Occult blood reaction of feces in large intestinal mass examination.  [in Japanese]

    棟方 昭博

    本邦での大腸癌の増加は各種疫学調査から明らかである.増加する癌の対策が急がれる中で,二次予防としての集検に便潜血検査がスクリーニングとして取り上げられた.グアヤック法から免疫法への転換により,便潜血検査による大腸集検方式が確立しつつある.現在推奨されている集検方式を紹介し,成績・問題点などを概説した.

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 81(5), 622-626, 1992

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case Report of Malignant Lymphoma in a Patient with Ulcerative Colitis.  [in Japanese]

    Shinagawa H. , Sakata Y. , Munakata A. , Yoshida Y.

    潰瘍性大腸炎発症15年後に,悪性リンパ腫を合併した症例を報告した.患者は70歳,女性.昭和49年潰瘍性大腸炎にて保存的治療を受け,昭和57年再燃後,緩解中であった.平成元年5月,頸部リンパ節の腫大に気づき,生検でnon-Hodgkin's lymphoma(follicular, medium-sized cell type)の診断を得た.肝脾腫はなかったが,胸部X線写真とCTで,縦隔リンパ節,右 …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 44(6), 987-991, 1991

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A case report of Crohn's disease complicated with renal amyloidosis.  [in Japanese]

    KIKUCHI H. , SAITO H. , NAKAJIMA H. , UNO R. , SUZUKI K. , SANO M. , MUNAKATA A. , YOSIDA Y.

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 86(11), 2579-2582, 1989

    J-STAGE 

  • Enteric endometriosis: A report of four cases.  [in Japanese]

    Ookawa K , Nakajima H , Kondoh H , Stoh T , Sano M , Munakata H , Yoshida Y

    当科で経験した大腸子宮内膜症の4例を報告した.診断は月経と関連した特徴的な症状や, 外科的手術や婦人科的疾患の病歴聴取と画像診断とで比較的容易になされる.罹患部位は3例が直腸S状結腸移行部, 1例はS状結腸であった.注腸二重造影ではいずれにも蛇の抜殻様の壁の不整と狭窄や, 前下方からの粘膜下腫瘍様の圧排像があった.大腸内視鏡検査では屈曲が強く挿入時疼痛を訴えることが多く粘膜面の変化は軽微であるが, …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 42(7), 1233-1238, 1989

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

  • 大腸平滑筋肉腫2:脾曲部  [in Japanese]

    棟方 昭博 , 中島 均

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 42(7), 1131-1131, 1989

    J-STAGE 

  • A statistical study on the development of diverticulosis of the digestive tract.  [in Japanese]

    Munakata A. , Aisawa T. , Nakaji S. , Iwane S. , Ohta M. , Hatada Y. , Katoh H. , Tsuchida S. , Sano M. , Yoshida Y.

    1972年から1986まで当科で診断した消化管憩室症例を検討した.15年間の各憩室の発見頻度は食道155例, 1.02%, 胃23例, 0.15%, 十二指腸601例, 3.94%, 大腸442例, 4.88%であった.十二指腸, 大腸憩室は年次別にみると増加 (P<0.01) していたが, なかでも大腸憩室が著明であった.また食道, 十二指腸, 大腸憩室ともに加齢による増加がみられた (P …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 42(1), 105-111, 1989

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 虚血性直腸炎  [in Japanese]

    棟方 昭博 , 中島 均 , 吉田 豊

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 41(6), 733a-733a, 1988

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The influence of smoking upon the onset and relapse of inflammatory bowel disease.  [in Japanese]

    FUNAKOSHI Osamu , MURATA Yuhji , MUNAKATA Akihiro , KUROE Kiyoo , YOSHIDA Yutaka , TAJIMA Tsuyoshi

    潰瘍性大腸炎 (UC) およびクローン病 (CD) の発症, 再燃に対する喫煙の影響を明らかにするため, UC 111例, CD 25例で症例•対照研究を行つた. 喫煙習慣を Non-smoker (NS), Ex-smoker (ES) および Smoker (S) に分類し, 危険比 (RR), 用量反応関係 (DRR) 等について検討した. UC発症のRRは, ESで0.89, S …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 84(7), 1394-1400, 1987

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

  • An epidemiological study on the relationship between intake of dietary fiber and diverticular disease of the colon in Japan.  [in Japanese]

    Munakata A. , Ishiguro M. , Iwane S. , Ohta M. , Nakaji S. , Tsuchida S. , Yoshida Y. , Aisawa T.

    食物繊維は大腸憩室発生に抑制効果を持つといわれる,著者らは青森県と全国の大腸疾患の発生状況,食物繊維摂取状況を調査し両者の関連性を検討した.食物繊維の減少に呼応して大腸憩室疾患の発見率は全施設とも年々増加の傾向にあった.またこれを地域別にみると青森県4施設の大腸憩室疾患発見率は1985年現在まだ10%に達しておらず,兵庫医科大学の23.1%,都立府中病院の17.6%,福岡大学の14.6%,新潟市民 …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 40(3), 261-267, 1987

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (2)

  • AN IMMUNOLOGICAL TEST FOR FECAL OCCULT BLOOD BY COUNTER IMMUNOELECTROPHORESIS: A Following Report  [in Japanese]

    SAITO Hiroshi , TSUCHIDA Shigeki , FUKUSHI Michio , KAKIZAKI Ryosuke , AISAWA Tadashi , MUNAKATA Akihiro , YOSHIDA Yutaka

    Counter immunoelectrophoresis (CIEP) を応用した免疫学的便潜血試験の感度, 大腸癌症例での陽性率を単純放射免疫拡散法 (SRID) ヘモカルトテスト (HO) による成績と比較した. 溶血液•糞便中ヘモグロビンの検出限界は CIEP, SRID, HO でそれぞれ7, 9, 7μg/ml, 0.5, 1.0, 3.0mg/gといずれもCIEPの感 …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 81(12), 2935-2939, 1984

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • An immunological fecal occult blood test for mass screening of colorectal cancer by reversed passive hemagglutination (RPHA)  [in Japanese]

    SAITO Hiroshi , 土田 成紀 , 柿崎 良輔 , 福士 道夫 , 佐野 正明 , 相沢 中 , 棟方 昭博 , 吉田 豊

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 81(11), 2831, 1984

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (3)

  • AN IMMUNOLOGICAL TEST FOR FECAL OCCULT BLOOD BY COUNTER IMMUNOELECTROPHORESIS  [in Japanese]

    SAITO Hiroshi , TSUCHIDA Shigeki , FUJITA Hiroshi , FUKUDA Sinsaku , AISAWA Tadashi , MUNAKATA Akihiro , YOSHIDA Yutaka

    大腸癌スクリーニングのために,抗ヒトヘモグロビンAo抗体(anti-HbA<sub>0</sub>)を用い,counter immunoelectrophoresisを応用した便潜血反応を考案した.anti-HbA<sub>0</sub>は免疫学的方法でヒトHbA<sub>0</sub>に対する特異性を確認し用いた.この抗体は …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 79(10), 1944-1949, 1982

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

  • Mass Screening for Colorectal Cancer by Proctoscopy  [in Japanese]

    Munakata A. , Aisawa T. , Fukushi M. , Yoshida Y.

    弘前市近郊の農村地帯19力町村の一般住民を対象として,直腸鏡による地域集検を行った.受診者数は15,074名に達しており,精密検査は教室で注腸二重造影法および大腸ファイバースコープで行った.検査結果は癌20例0.13%で,うち早期癌は11例であった.ポリープは459例3.04%であり,受診者の3.54%に異常を認めた.発見した癌の年齢分布は30歳代1例,40・50歳が各々3例,60歳代が12例,7 …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 35(6), 567-572, 1982

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Study on the Diverticular Disease of the Colon in Korea  [in Japanese]

    Munakata A. , Nakaji S. , Yoshida Y. , Han M C. , Choi K W.

    Seoul National University Hospitalにおいて1980年1月から1981年10月までの1年10ケ月の間に発見された大腸憩室疾患につき検討した.3239の注腸X線検査例のうち9例,0.28%に大腸憩室が発見された.その平均年齢は56歳,男女比では2:1と男に多く,発生部位では9例中8例が右側型優位で本邦症例にきわめて類似していた.また憩室炎などの合併症は1例もなかった. …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 35(3), 224-231, 1982

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 大腸癌集団検診  [in Japanese]

    相沢 中 , 斎藤 博 , 佐野 正明 , 福士 道夫 , 金城 福則 , 棟方 昭博 , 吉田 豊

    GASTRIC CANCER 1981(50), 55-60, 1981

    J-STAGE 

  • Typical Crohn's Disease of the Colon: Report of Case

    Matsuura K. , Murakami T. , Yokoyama Y. , Harada M. , Mtauda K. , Inamoto J. , Konn M. , Kanazawa T. , Munakata A.

    最近われわれは難治性肛門部瘻孔患者に大腸疾患の併存を疑い,種々なる検索により大腸Crohn病と診断し手術により治癒せしめた症例を経験したので報告する.<BR>症例は29歳の女性で17歳頃より肛門出血を主訴とし,肛門痛と泥状下痢便が続いていた.さらに27歳頃からは肛門周囲膿瘍と瘻孔を形成,貧血,体重減少も加わり,ときには皮膚・眼症状を呈することもあり,種々内科的治療を試みるも軽快の徴候認 …

    Nippon Daicho Komonbyo Gakkai Zasshi 30(5), 415-420,469, 1977

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top