高木 一郎 TAKAGI Ichiro

ID:9000020875700

東京慈恵会医科大学(第三病院)内科学講座消化器・肝臓内科 Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Internal Medicine, Daisan Hospital, Jikei University school of medicine (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • An autopsy case of AL amyloidosis with intestinal pseudo-obstruction  [in Japanese]

    KOMURO Osamu , TODA Gotaro , MURAKAMI Shigeto , KOBAYASHI Tsuyoshi , KIJIMA Hiroyuki , FURUSHIMA Hiroyuki , SAKABE Syun-ichi , ONODA Hiroshi , TAKAGI Ichiro , FUKUNAGA Msaharu

    症例は69歳,男性.イレウスの精査目的にて入院.偽性腸閉塞症と診断されたが原因不明であった.その後,多発性骨髄腫(MM)と判明しイレウスの原因として消化管アミロイドーシスを疑ったが確診に至らなかった.MMに対して化学療法を行ったが奏功せず死亡した.剖検にてAL型全身性アミロイドーシスと判明.消化管へのアミロイド沈着は固有筋層に偏在していた.消化管壁へのアミロイド沈着の局在はアミロイド蛋白の種類によ …

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 102(6), 699-705, 2005

    J-STAGE 

Page Top