関沢 明彦 SEKIZAWA Akihiko

ID:9000020896332

昭和大学医学部産婦人科学教室 Department of Obstetrics and Gynecology, Showa University, School of Medicine (2004年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A STUDY TO ANALYZE CERVICAL RIPENING FACTORS WITH SCRAPED ENDOCERVICAL CELLS

    KURIKI Aguri , OKAI Takashi , MORIMOTO Taro , SUZUKI Makoto , ICHIZUKA Kiyotake , SASAKI Yasushi , OTSUKI Katsuhumi , YUASA Tomoko , SEKIZAWA Akihiko , SAITO Hiroshi

    周産期医療が発達した現在においても, わが国の早産率は約5%あり, 早産児は周産期死亡率の主原因である.早産は子宮頸管熟化と子宮収縮により発症するとされており, これらに関与する遺伝子発現の検出は早産発症機序を解明するために極めて重要である.我々は, 頸管擦過細胞を用いてRT-PCR法により各種遺伝子の発現の同定が可能かどうかについて検討した.切迫早産徴候のない陣痛発来前の妊婦を対象とし, ダクロ …

    Journal of The Showa Medical Association 64(3), 310-316, 2004

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top