大野 友三 OHNO Yuzo

ID:9000021067692

愛知学院大学歯学部歯周病学教室 Department of Periodontology, School of Dentistry, Aichigakuin University (1989年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Bone inductive activity of hydroxyapatite-bone morphogenetic protein complex.  [in Japanese]

    UMEMURA Masataka , KAWAI Tsuyoshi , NOGUCHI Toshihide , KAWAI Tatsushi , MIEKI Akimichi , KATAOKA Hiroyasu , KURITA Shinya , KOIE Masato , KISHI Masayuki , OHNO Yuzo , HASEGAWA Jiro

    骨形成因子 (BMP) は生体内に異所性に骨を誘導することで知られているが, 粗精製のBMPであっても, これを大量に入手することは非常に困難である。そこで, BMPを応用するには, 担体あるいはフレーム材料となりうるものを利用することがより効果的と思われる。ハイドロキシアパタイト (HAP) は歯周疾患において歯槽骨欠損部への骨充填材として広く応用されているが, これは骨誘導能, 骨形成能を有し …

    Nihon Shishubyo Gakkai Kaishi (Journal of the Japanese Society of Periodontology) 31(3), 860-869, 1989

    J-STAGE 

Page Top