和田 聖二 WADA Seiji

ID:9000021092212

大阪歯科大学口腔病理学教室 Department of Oral Pathology, Osaka Dental University (1988年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • An immunopathological study of periodontal disease. Chronic sensitization by oral bacteria and periodontitis.:- Chronic Sensitization by Oral Bacteria and Periodontitis-  [in Japanese]

    NISHIDA Ken , UOBE Kenichi , NISHIKAWA Tetsunari , WATO Masahiro , WADA Seiji , TANAKA Akio , TSUTSUI Masahiro , UEDA Masatoshi , YAMAOKA Akira

    辺縁性歯周炎の発症と経過に免疫現象が関与することが明らかにされている。その経過にみられる免疫現象は, 口腔内細菌による遷延感作あるいはより複雑な機序に基づくかもしれない。<BR>著者らはヒトロ腔内細菌を用いてモルモットを遷延感作したところ, 特異抗体産生は, 3ヵ月後に最高に達し, それ以降は漸時減少した。また, 辺縁性歯周炎罹患者血清中のヒトロ腔内細菌に対する特異抗体と免疫グロブリン …

    Nihon Shishubyo Gakkai Kaishi (Journal of the Japanese Society of Periodontology) 30(2), 506-514, 1988

    J-STAGE 

Page Top