柿原 文香 Kakihara Fumika

ID:9000021098671

愛媛大学農学部 College of Agriculture, Ehime University (1991年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Anthocyanidin Composition of Petals in <i>Pelargonium × domesticum</i> Bailey

    Fujioka Midori , Kato Masahiro , Kakihara Fumika , Tokumasu Satoru

    香料用ゼラニウムから種子稔性を導入し, 種子繁殖系のペラルゴニウムの開発を試みているが, 花色の変異が大きく, 花色の安定化を目標に, 花色発現に関する基礎的調査が必要とされる. 本論文では栽培品種ならびに雑種個体を用い, それらの構成色素を決定するとともに, 色素と花色(色相, 明度) との関係を明らかにした.<br>1. Anthocyanidin 色素の分析の結果, pelarg …

    Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 59(4), 823-831, 1991

    J-STAGE  JASI  Cited by (3)

Page Top