久米 一成 Kume Kazunari

ID:9000021176592

福島県立医科大学 小児科 Department of Pediatrics, Fukushima Medical College (1996年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Three cases of childhood Henoch-Schoenlein Nephritis becoming worse between a short term despite mild renal pathological findings.  [in Japanese]

    Suzuki Shigeo , Suzuki Junzo , Kume Kazunari , Yoshida Kazuo , Nozawa Ruriko , Isome Masato , Kato Kazuo , Suzuki Hitoshi

    紫斑病性腎炎の予後は主に腎病理組織学的所見の重症度に左右され,重症例に対しては積極的な治療がなされているが,軽症例の場合は自然治癒傾向が強いとされる。初回腎生検所見がISKDC分類II型であったため,抗血小板剤の投薬のみで経過観察したところ,4~12カ月後に施行した再生検では細胞性半月体形成の所見を認めた3症例を経験した。自験例では紫斑が遷延ないし頻発し,かつ尿所見の改善傾向が認められなかった。こ …

    Nihon Shoni Jinzobyo Gakkai Zasshi 9(2), 244-249, 1996

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top