武田 弘志 TAKEDA Hiroshi

ID:9000021364532

東京医科大学薬理学教室 Department of Pharmacology, Tokyo Medical College (1993年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • The role of the central monoaminergic nervous system relative to mechanisms of stress adaptation.  [in Japanese]

    MASUDA Mikio , TAKEDA Hiroshi , SHIBUYA Takeshi

    ストレス適応の形成機構における中枢モノアミン作働性神経系の役割を考究する目的で,反復拘束ストレスに対する適応形成ならびに非形成時の脳,脊髄内ノルエピネフリン(NE),ドーパミン(DA)およびセロトニン(5-HT)作働性神経系の動態特性を神経化学的に検討した. ラットに1日1あるいは2時間の拘束ストレスを7日間反復負荷することにより,体重変化率,摂食量,摂水量および自発運動量の減少,疼痛閾値の増加な …

    Folia Pharmacologica Japonica 101(3), 187-196, 1993

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top