橋本 和明 HASHIMOTO Kazuaki

ID:9000021368296

大阪医科大学第1病理学教室 Department of Pathology, Osaka Medical College (1981年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Massive hepatic necrosis due to shwartzman phenomenon as a complication of percutaneous transhepatic cholangiography  [in Japanese]

    SHIBAYAMA Yuro , NAKAMURA Tsumukata , HASHIMOTO Kazuaki , YAMAMOTO Yuzo , NAKATA Katsuji , NUMATA Masanori

    PTC施行時に肝動脈を破り,これからの胆管内出血が契機となって広範性肝壊死をおこした稀な症例を報告した.広範性肝壊死の発生機序にShwartzman現象が関与していると考えられた.すなわち,胆石症に続発した胆管炎が準備注射にあたり,胆道内出血による胆道内圧上昇が腸内細菌およびェンドトキシンの血中侵入を促したことが惹起注射に相当するものと考えられた.

    Kanzo 22(7), 1000-1003, 1981

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top