谷合 麻紀子 TANIAI Makiko

ID:9000021369135

東京女子医科大学消化器病センター内科 The Institute of Gastreenterology, Tokyo Women's Medical College (1992年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case report. Middle-aged congenital hepatic fibrosis followed up as idiopathic portal hypertension.  [in Japanese]

    KOJIMAHARA Noriko , HASHIMOTO Etsuko , TANIAI Makiko , KOBAYASHI Kiyomasa , OKUDA Hiroaki , HISAMITSU Touju , OBATA Hiroshi

    特発性門脈圧亢進症(IPH)として経過を観察されていたが,再度の肝生検で先天性肝線維症(CHF)と診断された48歳女性の1例を経験したので報告する.1990年全身倦怠感を主訴に受診.CHFを疑わせる家族歴はなく,脾腫軽度,貧血はないが,血小板は8.6万と減少していた.門脈圧亢進症としては,巨大脾腎シャントを認めた.原因となるべき肝疾患を認めず,腹腔鏡,腹部エコー,CTにて肝硬変は否定された.肝生検 …

    Kanzo 33(8), 643-648, 1992

    J-STAGE 

Page Top