橋本 和明 HASHIMOTO Kazuaki

ID:9000021369297

大阪医科大学第一病理学教室 Department of Pathology, Osaka Medical College, Takatsuki (1982年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Upper gastrointestinal bleeding in liver cirrhosis and alcohol ingestion  [in Japanese]

    SHIBAYAMA Yuro , SAITOH Masafumi , HASHIMOTO Kazuaki , SAKAGUCHI Yoshikazu , NAKATA Katsuji

    肝硬変症(門脈圧亢進症)患者に上部消化管内出血が起こる際には一過性の急激な門脈圧上昇が直接的な引き金になっているのではないかと考えられるが,本研究ではこれと飲酒との関係を検討するために,エタノール,その代謝産物であるアセトアルデヒドおよび上記二者の刺激によって放出されるカテコールアミン(エピネフリン)が門脈循環にどのような影響をおよぼすかを正常をよび肝硬変ラット肝の摘出潅流実験で調べた.その結果, …

    Kanzo 23(10), 1158-1165, 1982

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top