名倉 一夫 NAGURA Kazuo

ID:9000021391537

岐阜市民病院消化器内科 Department of Gastroenterology, Gifu Municipal Hospital (1993年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of hepatic angiosarcoma initially presenting with cholecystitis, and succumbing to fatal hemorrhage from lung metastasis.  [in Japanese]

    YASUDA Ichiro , SUGIE Shigeyuki , TOMITA Eiichi , NISHIGAKI Youichi , ARAKI Hiroshi , NAGURA Kazuo , WAKAHARA Tatsuo , MORIWAKI Hisataka , MUTO Yasutoshi , KACHI Hideki

    症例は78歳,男性.右季肋部痛を主訴に来院した.初診時,胸腹部X-Pにて右肩・肝・脾・腹腔内リンパ節に異常なX線高吸収影を認め,また腹部超音波検査にて胆石,および肝腫瘍を指摘された.22歳時に右肩腫瘍に対して放射線治療を受けており,この時注入されたトロトラストが関与した肝腫瘍と考えられたが,入院後敗血症,DICを合併し,第27病日急性呼吸不全にて死亡した.剖検にて,死因は肝血管肉腫肺転移巣からの出 …

    Kanzo 34(7), 553-559, 1993

    J-STAGE 

Page Top