勝田 悌実 KATSUTA Yasumi

ID:9000021400259

日本医科大学第1内科 1st Department of Medicine, Nippon Medical School (1985年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Establishment of high risk group for hepatocellular carcinoma using theory of quantification.  [in Japanese]

    ARAMAKI Takumi , HAYASHI Chikio , HAYASHI Fumi , AKAIKE Masahiro , NAGASAWA Koichi , TERADA Hideto , SEKIYAMA Tatsuya , KATSUTA Yasumi , SATOMURA Katsuaki , OKUMURA Hidemasa , HANYUDA Yoichiro

    肝硬変診断時より1年以上経過観察後に肝癌が合併したとみなされる肝癌群20例と,3年以上その合併をみない肝硬変群41例の2群について,背景因子,臨床症状,検査成績などの一般的情報を用い,数量化理論により肝癌高危険群の設定を試みた.肝癌診断までの期間は最短18カ月,平均42.0±20.3月であった.上記情報22項目の中から,両群の判別に有効と思われた16項目を選び,それぞれをいくつかのカテゴリーに分け …

    Kanzo 26(4), 466-471, 1985

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top