清水 達夫 SHIMIZU Tatuo

ID:9000021440261

大阪赤十字病院内科 Department of Internal Medicine, Osaka Red Cross Hospital (1987年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of hepatocellular carcinoma with HBcAg in carcinoma cells.  [in Japanese]

    OKAJIMA Ai , KOKURYU Hiroyuki , TAKAMATSU Seigo , OHSAKI Yukio , HIGUCHI Taku , SHIMIZU Tatuo

    肝細胞癌102例(うち血中HBs抗原陽性36例)の肝組織内B型ウイルス関連抗原にいて,酵素抗体法(PAP法)を用いて検討した.このうち1例の肝癌細胞核内に,HBc抗原を認めた.症例は37歳男性.右背部痛を主訴として入院.各種画像診断,血管造影等によりmassivetypeの肝細胞癌と診断した.血中のHBs抗原,HBe抗原はともに陽性であった.AFPは陰性であった.約5カ月後に死亡し,死後肝穿刺によ …

    Kanzo 28(11), 1497-1501, 1987

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top