斎藤 昌三 SAITO Shozo

ID:9000021474236

東京大学医学部上田内科 The Second Department of Internal Medicine, Faculty of Medicine, Faculty of Medicine, University of Tokyo (1964年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF ARTERIOVENOUS FISTULA FOLLOWING LUMBAR-DISK SURGERY  [in Japanese]

    UEDA Hideo , TAGAWA Hitoshi , SAITO Shozo , NAKAHARA Kenjiro , IHORI Masashi

    椎間板へルニア手術による外傷性動静脈瘻については25例の報告があり,この多くは心不全症状を呈している.本例はヘルニア手術後約7ヵ月て心不全に至り,腹部の連続性機械様雑音により動静脈瘻が疑われた症例である.心肥大,肺うっ血,肝腫大,静脈圧上昇あり.血圧は第V点0.RPF, GFRの中等度低下をみる.心カテーテル検査,大動脈造影,静脈造影を行ない,腹部動静脈瘻による高心拍出量性心不全と診断.手術により …

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 53(8), 1046-1050, 1964

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top