熊谷 幹男 KUMAGAI Mikio

ID:9000021474502

金沢大学第1内科 The First Department of Internal Medicine School of Medicine, Kanazawa University (1977年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Hepatoma development during long term follow-up period of liver cirrhosis  [in Japanese]

    KOBAYASH Kenichi , TAKEUCHI Jugoro , KUMAGAI Mikio , KAMEDA Shoji , SUGIMOTO Tatsuho , SUZUKI Kunihiko , NISHIMURA Keigo , KATO Yasuhiro , SUGIOKA Goro , HATTORI Nobu

    今回われわれは肝癌の病態生理の解明を目的として,肝硬変の長期予後観察例について,主としてHBs抗原と肝機能検査成績の面から検討を加えた.観察対象は最近14年間に当科に入院し,肝硬変と確診後少なくとも3年以上予後を観察し剖検しえた20症例である.20例のうち肝癌の合併は10例(50%)にみられ,死亡までの期間は最長9.5年,平均5.5年であった.肝癌の合併をみなかった残り10例の予後観察期間は最長1 …

    Kanzo 18(7), 468-473, 1977

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top