北村 成大 KITAMURA Shigehiro

ID:9000021511270

順天堂大学医学部第一病理 First Department of Pathology, School of Medicine, Juntendo University (1982年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Histopathological studies on the intra-hepatic bile ducts of so-called Alagille's syndrome  [in Japanese]

    ISHIOKA Tomonori , KITAMURA Shigehiro , KUWABARA Noriyuki , FUKUDA Yoshiro , MIYANO Takeshi

    肝楔状切除組織の連続薄切切片により小葉間胆管の再構築をし得た2例のAlagille's syndromeを報告する.<BR>肝内門脈域に対し,小葉間胆管は減少しており,検索し得る限りすべての胆管が盲端に終わっていた.胆管消失は,周囲の炎症性変化をほとんど伴なわないか,ごくわずかに増加した膠原線維を伴なって消失しており,早期PBCにおける無反応型の胆管消失に類似していた.

    Kanzo 23(9), 1056-1064, 1982

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (1)

Page Top