川野 芳朗 KAWANO Yoshiro

ID:9000021512433

久留米大学第1病理 1st Department of Pathology, School of Medicine, Kurume University (1983年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case report of minute hepatocellular carcinoma grown in a hepatic bile duct  [in Japanese]

    ABE Masahide , KUBO Yasuhiko , HIRAI Kenji , IKEDA Hideo , TANIKAWA Kyuichi , NAKAYAMA Toshimich , KOBAYASHI Shigenori , KOJIOR Masamichi , KAWANO Yoshiro

    症例は48歳,男性.黄疸と上腹部痛を主訴として来院した.エコー,逆行性胆管造影,血管造影などにより,左肝内胆管に腫瘍を認め,原発性胆管癌と診断し,左葉切除術を施行した.手術および病理所見では20×20mmの原発性肝細胞癌が左肝内胆管にポリープ状に発育していた.<BR>肝細胞癌は種々の臨床症状を呈する.時に腫瘍の胆管内発育により閉塞性黄疸を呈することが報告されている.しかしその多くは進行 …

    Kanzo 24(4), 461-465, 1983

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (2)

Page Top