原田 康夫 HARADA YASUO

ID:9000021536537

広島大学医学部耳鼻咽喉科学教室 Department of Otolaryngology, Hiroshima University School of Medicine (1992年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CLINICAL OBSERVATION OF CASES WHICH WAS SUSPECTED OF CONGENITAL CHOLESTEATOMA

    TSUDA TETSUYA , KAWAMOTO HIROKO , TANAKA SEISHI , NISHIDA ISAO , WATANABE HIROSHI , TADA WATARU , HIRAKAWA KATSUHIRO , SUZUKI MAMORU , HARADA YASUO

    過去15年間に, 4例の先天性真珠腫と思われる症例を経験した. 患者の年齢は4歳から17歳であった. すべての症例で真珠腫は中耳より発生していた. 1例は真珠腫が乳突洞まで進展していた. コルメラIII型の鼓室形成術が施行された. 術後聴力改善度は20から30dB程度であった. まれではあるか, 鼓膜所見正常の伝音性難聴の治療にあっては, 耳鼻科医は先天性真珠腫に留意しなければならない

    Nippon Jibiinkoka Gakkai Kaiho 95(7), 969-973,1139, 1992

    J-STAGE 

Page Top