勝馬 芳徳 KATSUMA Yoshinori

ID:9000021626581

京都府立医科大学第3内科 The Third Department of Internal Medicine, Kyoto Prefectural University of Medicine (1984年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Heterogeneity of ICG uptake and bile acid excretion within the hepatic lobule.  [in Japanese]

    TOSA Masahide , OGASAWARA Takeshi , KATSUMA Yoshinori , HORISHI Masahide , UEDA Takashi , OKANOUE Takeshi , OKUNO Tadao , TAKINO Tatsuro

    肝灌流法を用いてICG代謝の小葉内局在と胆汁酸のICG排泄に及ぼす影響を検討した.門脈より注入されたICGは主として小葉周辺部肝細胞に,肝静脈よう注入されたICGは小葉中心部肝細胞に同量摂取され,血流方向によりICGの摂取部位に差が認められた.この摂取部位の差は,肝の血流方向に基く類洞内濃度勾配により生じたものと考えられた.門脈より注入された高濃度の胆汁酸は,ICGの摂取部位に関係なくICGの排泄 …

    Kanzo 25(11), 1444-1451, 1984

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top