片岡 徹 KATAOKA Tetsu

ID:9000021632484

昭和大学医学部外科学教室 Department of Surgery, School of Medicine, Showa University (1986年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CLINICOPATHOLOGICAL STUDY ON CASES WITH 10-YEAR SURVIVAL AFTER RESECTION OF PROGRESSIVE GASTRIC CANCER

    ARAIDA Osamu , KATAOKA Tetsu , KAWAMURA Kazutoshi , KAWAMURA Masatoshi

    胃癌切除後の予後は3年生存率, 5年生存率を検討すればおおよその傾向は把握することが可能である.しかしながら, その詳細に関しては, 5年経過後にも再発がしばしばみられることから10年生存率での検討が妥当と考えられる.今回, 進行髄症例において髄切除後の予後を左右すると考えられる因子, すなわち年齢, 性, 胃癌の肉眼所見としては占居部位, 肉眼型, 大きさ (長径) , また組織所見としては深達 …

    Journal of The Showa Medical Association 46(1), 75-88, 1986

    J-STAGE 

Page Top