片岡 徹 KATAOKA Tetsu

ID:9000021642364

昭和大学医学部外科学教室 Department of Surgery, School of Medicine, Showa University (1987年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CLINICOPATHOLOGICAL STUDY ON INFILTRATIVE GROWTH IN GASTRIC CANCER

    HIROMOTO Masayuki , KATAOKA Tetsu , KAWAMURA Kazutoshi , KAWAMURA Masatoshi

    癌腫病巣辺縁部の浸潤増殖形態, すなわち「胃癌取扱い規約」における浸潤増殖様式Infiltrative growth (INF) は, 原発巣成立後の発育進展に大きく関与し, 胃癌切除患者の予後を左右する重要な因子の一つと考えられる.今回著者らは, 胃癌治癒切除症例でINFの予後への関連, ならびにINFと胃癌切除後の予後を左右すると考えられる因子, すなわち年齢, 性, 胃癌の肉眼所見として占居 …

    Journal of The Showa Medical Association 47(6), 883-898, 1987

    J-STAGE 

Page Top