小窪 正樹 KOKUBO M.

ID:9000021825979

旭川医科大学第一外科 First Department of Surgery, Asahikawa Medical College (1987年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • An experimental study of intimal hyperplasia (AIH) developing at the end-to-side anastomosis in small caliber vascular graft.  [in Japanese]

    KOKUBO M. , KUBO Y. , SASAJIMA T. , SAMEJIMA N.

    小口径代用血管の端側吻合部における内膜肥厚(AIH)の局在及び形態学的変化を血流異常との関係から検討した雑犬30頭に腹部大動脈(端々)-腸骨動脈(端側)Bypassを行ないBiograft 22, EPTFE 3, Dacron 5例を移植した。末梢端側吻合角度を30°, 90°, 150°とする事により吻合部Toe及びHeel方向への血流配分が異なる条件を得、各々I群, II群, III群とした …

    Jinko Zoki 16(3), 1457-1460, 1987

    J-STAGE 

Page Top