渡辺 泱 Watanabe Hiroki

Articles:  1-20 of 20

  • Two cases of functioning parathyroid cysts  [in Japanese]

    本郷 文弥 , 藤戸 章 , 加藤 順也 , 長嶺 元久 , 栗林 忠信 , 古賀 和美 , 内田 睦 , 渡辺 泱

    症例1,48歳男,近医で右頸部の腫脹を甲状腺嚢腫と診断され,嚢腫穿刺を施行された.その後高カルシウム血症クリーゼ出現し,当院内科に入院した.症例2,69歳女,右頸部の違和感を自覚し,健診で右頸部の腫瘤を指摘され,入院となった.両例とも血中カルシウム濃度,上皮小体ホルモン(PTH)値は上昇していた.US,CT,MRI,シンチグラフィーを含む画像所見より機能性上皮小体嚢腫と診断し,手術を施行した.上皮 …

    泌尿器科紀要 44(9), 661-665, 1998-09

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • A case of invasive renal pelvic cancer: usefulness of auxiliary diagnosis using fluorescence in situ hybridization  [in Japanese]

    杉本 浩造 , 中川 修一 , 三神 一哉 , 野本 剛史 , 浦野 俊一 , 中村 晃和 , 中西 弘之 , 渡辺 泱 , 稲澤 譲治 , 阿部 達生

    過去に2回膀胱癌に対して経尿道的切除が行われ,クラスV尿細胞診の為に入院した65歳男で,腹部CTで左腎盂に増強されない直径1.5cmの低密度域が認められた.膀胱の無作為生検では悪性細胞は発見されなかった.逆行性腎盂造影で左腎盂や尿管に陰影欠損は認められなかった.右分腎尿の細胞診断はクラスIII,左分腎尿のそれはクラスV,であった.蛍光in situハイブリダイゼーション法上,右分腎尿から集めた細胞 …

    泌尿器科紀要 43(11), 785-789, 1997-11

    IR  Ichushi Web 

  • Clinical results of combination chemotherapy with cisplatin, vinblastine and bleomycin (pvb) for advanced testicular cancer: evaluation of risk criteria  [in Japanese]

    三神 一哉 , 中川 修一 , 杉本 浩造 , 野本 剛史 , 浦野 俊一 , 渡辺 泱 , 岩元 規幸 , 山崎 悟 , 平竹 康祐 , 前川 幹雄

    PVB療法の治療成績はCR 50.0%を含む奏効率87.5%と他施設とほぼ同様の成績であった.又,Indiana・EORTC・NCI・MSKCCの四つのcriteriaを比較すると,accuracyではMSKCCが最も優れていたが,sensitivityではEORTCが最も優れていた

    泌尿器科紀要 43(8), 561-566, 1997-08

    IR  Ichushi Web 

  • A case of paratesticular rhabdomyosarcoma with a paraaortic lymph node metastasis  [in Japanese]

    中西 弘之 , 中川 修一 , 三神 一哉 , 野本 剛史 , 浦野 俊一 , 中村 晃和 , 渡辺 泱

    A case of paratesticular rhabdomyosarcoma in a 22-year-old male is reported. Radiological examination revealed a gross metastatic mass in the paraaortic lymph node. Right high orchiectomy was followed …

    泌尿器科紀要 43(3), 233-236, 1997-03

    IR  Ichushi Web 

  • Clinical evaluation on renal pelvic and ureteral tumors  [in Japanese]

    戎井 浩二 , 中川 修一 , 高田 仁 , 杉本 浩造 , 三神 一哉 , 渡辺 泱 , 前川 幹雄 , 中尾 昌宏

    1)1981~1991年までに腎盂尿管腫瘍86例を経験した。平均年齢は68.2歳で男に多く,患側は左に多かった。2)主訴は無症候性の肉眼的血尿が最も多かったが,膀胱腫瘍を含む他疾患精査中に発見されたものも12例あった。原発巣に対する手術は71例に対して施行され,うち51例に腎尿管全摘除術が行われた。3)組織学的には移行上皮癌がほとんどで,全体にhigh grade,high stageであった。4 …

    泌尿器科紀要 40(3), 201-208, 1994-03

    IR  Ichushi Web  Cited by (2)

  • Endoscopic adrenalectomy by retroperitoneal approach for primary aldosteronism  [in Japanese]

    内田 睦 , 今出 陽一朗 , 米田 公彦 , 植原 秀和 , 浮村 理 , 伊藤 吉三 , 中村 雅至 , 渡辺 泱 , 藤戸 章

    Endoscopic adrenalectomy by a retroperitoneal approach through the skin incision less than 5 cm has been performed in 6 patients (3 males and 3 females; 4 right and 2 left side) with primary aldostero …

    泌尿器科紀要 40(1), 43-46, 1994-01

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

  • A CASE OF MALIGNANT PHEOCHROMOCYTOMA TREATED WITH <sup>131</sup>I-METAIODOBENZYLGUANIDINE AND CVD REGIMEN

    Ukimura Osamu , Hosoi Shingo , Itoh Hideaki , Kojima Munekado , Watanabe Hiroki , Minamikawa Tetsuhiro

    44歳男性で, 初診時よりすでに肝, 腎, 肺およびリンパ節に多発性転移を認めた右副腎原発悪性褐色細胞腫の1例を経験した. 手術的治療は不可能と判断し, まずはじめに<sup>131</sup>I-MIBG放射線療法 (総投与量4810MBq) を施行し, ひき続きCVD (cyclophospamide, vincristine, dacarbazine) 化学療法を計7 …

    The Japanese Journal of Urology 85(5), 811-814, 1994

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (3)

  • SUCCESSFUL COLLECTION OF PERIPHERAL BLOOD STEM CELLS MOBILIZED BY HIGH-DOSE ETOPOSIDE FOR PATIENTS WITH CHEMOTHERAPY-RESISTANT AND/OR POOR PROGNOSTIC TESTICULAR CANCER

    Nakagawa Shuichi , Sugimoto Kozo , Mikami Kazuya , Watanabe Hiroki , Sonoda Yoshiaki , Kuzuyama Yuko , Abe Tatsuo , Fujii Hiroshi

    自家末梢血幹細胞移植術 (PBSCT) を組み入れた難治性精巣腫瘍に対する超大量化学療法について検討した. 本療法はまず etoposide 大量療法後に末梢血より幹細胞を採取し, 分離・凍結・保存した. その後, BEP療法を行い, 部分寛解 (PR) するが完全寛解 (CR) しなかった症例に対して, PBSCT併用超大量化学療法を行うものである. 難治性精巣腫瘍4例に対して, etoposi …

    The Japanese Journal of Urology 85(4), 571-578, 1994

    J-STAGE  Ichushi Web  Cited by (9)

  • 泌尿器科癌検診の実情  [in Japanese]

    渡辺 泱

    Journal of Gastroenterological Mass Survey 1992(96), 138-143, 1992

    J-STAGE 

  • INTERFERON-ALPHA PRODUCING CAPACITIES IN PROSTATIC CANCER PATIENTS

    Nakagawa Shuichi , Nakao Masahiro , Ohnishi Katsumi , Saitoh Masahito , Ohe Hiroshi , Watanabe Hiroki , Kita Masakazu , Kishida Tsunataro

    全血を用いたIFN産生能測定法を用いて, 47例の前立腺癌患者のα型IFN産生能を測定した. 前立腺癌患者のα型IFN産生能 (平均3,657IU/ml) は, 50歳以上の男子健常者のそれ (平均4,988IU/ml) と比較して有意に (p<0.005) 低下していた.<br>Stage とIFN産生能との関係は, Stage D の患者のα型IFN産生能は, Stage A …

    The Japanese Journal of Urology 81(2), 262-267, 1990

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Surgical resection of pulmonary metastasis from genitourinary cancers  [in Japanese]

    中川 修一 , 中尾 昌宏 , 渡辺 泱 , 稲葉 正 , 青木 正 , 中橋 彌光

    Three patients who underwent surgical resection for pulmonary metastases were reviewed. The primary lesion was testicular tumor, bladder cancer and renal cell carcinoma. One of these patients is alive …

    泌尿器科紀要 35(2), 225-229, 1989-02

    IR  Ichushi Web 

  • A bacteriological study on urinary calculi associated with infections  [in Japanese]

    吉田 修 , 桐山 啻夫 , 岡田 謙一郎 , 岡田 裕作 , 渡辺 泱 , 三品 輝男 , 内田 睦 , 渡辺 康介 , 友吉 唯夫 , 高山 秀則 , 竹内 秀雄 , 中川 清秀 , 上山 秀麿 , 平竹 康祐 , 古澤 太郎 , 海法 裕男 , 林 正 , 臼井 通

    感染をともなう尿路結石120例について細菌学的検討および抗生物質の結石内移行について検索した.120例のうち104/ml以上の菌検出は65.8%であり,同定菌株は101株で,proteus mirabilis 20,7%, E. coli 18.8%の順に多かった.92結石につき赤外線分光分析を行ない,リン酸マグネシウムアンモニウム(MAP)およびその混合結石28.3%,リン酸カルシュウム(Cap …

    泌尿器科紀要 30(2), 191-198, 1984-02

    IR  Ichushi Web 

  • Clinical application of tegafur suppositories for bladder tumor  [in Japanese]

    三品 輝男 [他] , 小林 徳朗 , 前川 幹雄 , 中尾 昌宏 , 中川 修一 , 渡辺 泱

    1)膀胱腫瘍20例(TaNxMo 8例,T1NxMo 5例,T2NxMo 3例,T3aNxMo 1例,T3bN2Mo 1例,T3bNxMo 1例,T4NxMo 1例)に750 mg Tegafur坐剤1個を連日23~161日(平均47.45日)を投与した.投与総量は17.25~120.75g(平均34.45g)であった.2)斉藤・小山班の固形がん化学療法直接効果判定基準にもとづき効果判定をおこなう …

    Acta urologica Japonica 29(8), p969-977, 1983-08

    IR  Ichushi Web 

  • Study of combination chemotherapy with cytosine arabinoside in the intravesical treatment of superficial bladder tumors  [in Japanese]

    吉田 修 [他] , 宮川 美栄子 , 渡辺 泱 , 三品 輝男 , 小林 徳朗 , 中川 清秀 , 福山 拓夫 , 小倉 啓司 , 上山 秀麿 , 伊藤 坦 , 平竹 康祐 , 福田 豊史 , 田端 義久 , 古澤 太郎 , 岡村 和弘 , 内田 睦 , 前川 幹雄 , 海法 裕男 , 田中 重喜

    7機関より得た多発性表在性膀胱腫瘍111症例について,CAおよびCAとMMCまたはNCSまたはCQとの併用による治療効果を検討した.1) CA 400 mg投与29例の有効率は48.3%,CA 200 mgおよびMMC 20 mg併用投与25例の有効率は84.0%,CA 200 mgおよびNCS 4,000 U併用28例は71.4%,CA 200 mgおよびNCS 6,000 U併用22例は95. …

    Acta urologica Japonica 29(3), p357-364, 1983-03

    IR  Ichushi Web 

  • A case of female hypospadias  [in Japanese]

    小林 徳朗 [他] , 渡辺 泱 , 三品 輝男 , 宮下 浩朗

    A 20-year-old female with hypospadias was admitted to our clinic with the complaint of incontinence since her birth. The urethral orifice opened widely at the proximal roof of the vagina and the vesic …

    Acta urologica Japonica 29(1), p73-76, 1983-01

    IR  Ichushi Web 

  • CONGENITAL HYDRONEPHROSIS CAUSED BY ABERRANT VESSELS: REPORT OF FIVE CASES  [in Japanese]

    大西 克実 [他] , 中尾 昌宏 , 斉藤 雅人 , 村田 庄平 , 三品 輝男 , 渡辺 泱

    Five cases of congenital hydronephrosis caused by aberrant vessels are reported. The patients were 3 males and 2 females; four in their twenties and one in his teens. The chief complaints were dull pa …

    Acta urologica Japonica 28(11), p1407-1412, 1982-11

    IR  Ichushi Web 

  • A Survey of 162 Cases Treated by Adrenal Surgery  [in Japanese]

    WATANABE Hiroki

    Adrenal surgery was performed on 162 cases of various diseases, including 67 primary aldosteronism (PA), 22 adrenal Cushing's syndrome (ACS), 19 hypophyseal Cushing's syndrome (HCS) and 32 pheochromoc …

    Folia Endocrinologica Japonica 56(12), 1662-1678, 1980

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A CLINICAL SURVEY ON 41 CASES OF TESTICULAR TUMOR  [in Japanese]

    荒木 博孝 [他] , 三品 輝男 , 都田 慶一 , 藤原 光文 , 小林 徳朗 , 前川 幹雄 , 渡辺 泱

    A clinical survey was performed on 41 cases of testicular tumor treated at Kyoto Prefectural University of Medicine and Kyoto Second Red Cross Hospital from Jan. 1964 to Dec. 1977. The results were as …

    Acta urologica Japonica 25(6), p581-588, 1979-06

    IR  Ichushi Web  Cited by (2)

  • ACNU BLADDER INSTILLATION THERAPY  [in Japanese]

    荒木 博孝 [他] , 三品 輝男 , 都田 慶一 , 藤原 光文 , 小林 徳朗 , 渡辺 泱

    ACNU was instilled into the bladder of dogs and patients with bladder tumors. After the instillation, the concentration of ACNU in the serum, the bladder wall and the lymph nodes was measured. On the …

    Acta urologica Japonica 25(1), p37-41, 1979-01

    IR  Ichushi Web 

  • サルの罠(随想)  [in Japanese]

    渡辺 泱

    泌尿器科紀要 21(9), 1975-10

    IR 

Page Top