能登 宏光

Articles:  1-1 of 1

  • A case of fibroepithelial polyp of the ureter resected ureteroscopically  [in Japanese]

    沼倉 一幸 , 土谷 順彦 , 井上 高光 [他] , 堀川 洋平 , 柿沼 秀秋 , 冨樫 寿文 , 松浦 忍 , 大山 力 , 佐藤 滋 , 佐藤 一成 , 羽渕 友則 , 能登 宏光

    76歳女.2年前から近医で腹圧性尿失禁,慢性膀胱炎の診断のもと治療を受けていた.今回,夜間頻尿と膿尿が増悪し,超音波検査で膀胱内左尿管口部に腫瘍性病変を認められ紹介受診した.膀胱鏡検査で左尿管口から膀胱内に突出する腫瘤を認めた.膀胱鏡下に生検したところ線維上皮性ポリープが疑われ,硬性尿管鏡下にポリープ切除術を行った.ポリープは左尿管口より約2cm上方の尿管右壁2時方向に茎を有していた.手術ではまず …

    Acta urologica Japonica 51(4), 277-281, 2005-04

    IR  Ichushi Web 

Page Top