三賢 訓久

Articles:  1-1 of 1

  • Two cases of retroperitoneal liposarcoma arisen from perirenal fat tissue, which could not be diagnosed preoperatively  [in Japanese]

    浜野 敦 , 山下 雄三 , 加藤 喜健 , 湯村 寧 , 三賢 訓久 , 高瀬 和紀 , 大古 美治 , 野口 純男 , 長嶋 洋治

    症例1:58歳男.左上腹部腫瘤を自覚し近医を受診,腹部CT検査上,左腎に巨大腫瘤を認め,紹介受診となった.画像所見より腫瘍径が巨大であり,腎の圧排も高度であることから左腎摘除術を施行した.病理組織所見より高分化型(硬化型)脂肪肉腫と診断された.局所再発のリスクが高いと判断し,術後補助化学療法を行った.有効性が高いとされているMEC療法(methotrexate,epirubicin,cisplat …

    泌尿器科紀要 50(12), 857-860, 2004-12

    IR  Ichushi Web 

Page Top