岸山 和敬

Articles:  1-1 of 1

  • 臀裂部に生じたLocalized Acantholytic Acanthomasの1例  [in Japanese]

    西 薫 , 飛澤 慎一 , 岸山 和敬 , 飯塚 一

    雑誌掲載版53歳男。10年前より臀裂部に軽度のそう痒を伴う皮疹があり、ステロイド外用で改善しなかった。受診時、臀裂部に米粒大までの暗褐〜黒褐色の扁平に隆起した充実性丘疹が多発し、一部は融合していた。生検病理所見で、角層は密に増殖していたが、不全角化はなかった。表皮は肥厚し、基底層直上から表皮の中層で棘融解と異常角化細胞を認めた。円形体、顆粒体はなく、真皮上層や血管周囲にはリンパ球主体の炎症細胞が浸 …

    皮膚科の臨床 49(2), 218-219, 2007-02

    IR  Ichushi Web 

Page Top