岸山 和敬

Articles:  1-1 of 1

  • 症例 リウマチ性脈管内組織球症の1例  [in Japanese]

    西 薫 , 飛澤 慎一 , 浄土 智 [他] , 岸山 和敬 , 山本 明美 , 橋本 喜夫 , 飯塚 一

    出版社版70歳男。患者は両肘が腫脹し、左肘に痒みのある皮疹が生じた。初診時、左肘を中心に暗赤色の不規則線状の紅斑が癒合し、その紅斑上に3〜4mm大の充実性丘疹が散在し、一部で線状に配列していた。充実性丘疹の病理組織学的所見で、真皮上層に不規則に拡張した脈管があり、その内腔に組織球主体の細胞塊を認めた。一方、免疫組織化学染色では、内腔の細胞塊はCD68陽性の組織球で、拡張した脈管はD2-40陽性のリ …

    皮膚科の臨床 48(11), 1563-1565, 2006-10

    IR  Ichushi Web  Cited by (1)

Page Top