岡下 修己

Articles:  1-1 of 1

  • 始原生殖細胞によるエピゲノムリプログラミング

    関 由行 , 岡下 修己

    生殖細胞は次世代へ遺伝情報及び後成的遺伝情報(エピゲノム情報)を伝達することができる唯一の細胞である。全能性の獲得や次世代へのエピゲノム変異が伝達することを防ぐために,生殖細胞の発生・分化過程においてエピゲノム情報は初期化される。本総説では,始原生殖細胞におけるDNA脱メチル化に関する最新の知見を紹介する。近年の次世代シーケンサーの開発やメチルシトシンの酸化反応の発見が始原生殖細胞のエピゲノムリプ …

    Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 30(3), 95-100, 2013-10

    JASI 

Page Top