杉本 洋太

Articles:  1-2 of 2

  • Some effects of the storage periods of canine erythrocytes at -80℃ cryopreservation using hydroxyethyl starch  [in Japanese]

    田浦 保穗 , 宇野 堅太 , 中市 統三 [他] , 板本 和仁 , 谷 健二 , 金 喜延 , 杉本 洋太 , Adel Mohamed Saved Ahmed AL AKRAA , 田中 秀平 , 隅田 幸男

    獣医臨床の進歩により、輸血の必要性は高まる一方であるが、十分なドナー血液を入手するのは困難な現状である。赤血球の保存法として液状保存と凍結保存があげられる。液状保存では簡易に保存が可能であるが1ヵ月ほどしか保存ができない。凍結保存ではより長期間の保存ができるが、凍結保護物質と保存装置が必要となる。現在の人医学では凍結保存は凍害保護物質としてGlycerolを用い、-196℃で行われている。しかし、 …

    The Yamaguchi journal of veterinary medicine. (34), 35-48, 2007-12

    JASI  Ichushi Web 

  • A study of -80℃ cryopreservation of canine erythrocytes by using hydroxyethyl starch (hes)

    田浦 保穗 , 石井 淳 , 中市 統三 [他] , 板本 和仁 , 谷 健二 , 金 喜延 , 杉本 洋太 , Adel Mohamed Saved Ahmed AL AKRAA , 岡村 泰彦 , 隅田 幸男

    今日、獣医学領域において十分なドナー血液を入手するのは困難な現状である。その解決策として考えられる方法の1つに赤血球の凍結保存が上げられる。赤血球の凍結保存を行う場合に必要である凍害保護物質として細胞内性、細胞外性のものがある。前者で汎用されるGlycerolは現在の人医学では-196℃で使用されているが、解凍時の繁雑な脱Glycerolが必要である。後者のヒドロキシエチル・スターチ(Hydrox …

    The Yamaguchi journal of veterinary medicine. (34), 23-33, 2007-12

    JASI  Ichushi Web 

Page Top