川井 昭雄

Articles:  1-3 of 3

  • ウシ胚の凍結保存方法の簡易化に関する研究  [in Japanese]

    山崎 慎一郎 , 野村 泰弘 , 川井 昭雄 , 高木 英彦 , 市川 恭子

    ウシ胚の簡易化凍結法における様々な条件を検討した結果、以下の方法の有効性を確認した。体内受精胚を用い、前処理として20%エチレングリコールに20%フィコール・0.5Mシュークロース添加した溶液(以下20%EGFS)で2分間浸漬後、40%エチレングリコールに20%フィコール・0.5Mシュークロース添加したガラス化溶液(以下40%EGFS)内で2~3回ピペッティングし、0.25mlのストロー内のガラス …

    高知県畜産試験場研究報告 = Report of the Kochi Prefectural Livestock Experiment Station (18), 28-31, 2002-03

    JASI 

  • 牛における過剰排卵処理法の簡易化に関する研究  [in Japanese]

    野村 泰弘 , 山崎 慎一郎 , 川井 昭雄

    牛の安定的・効率的採胚における過剰排卵処理法の簡易化を目的とし、黄体ホルモン除放性の膣内挿入製剤(Controlled Internal Drug Releasing;CIDR)及び薬局ポリビニルピロリドンK-30(PVP)を溶媒とした卵胞刺激ホルモン(FSH)1回投与法について検討し、以下の結論を得た。1.CIDR利用でFSHの減量法による採卵試験では、1)性周期に関係なく過剰排卵処理が行えた。 …

    高知県畜産試験場研究報告 = Report of the Kochi Prefectural Livestock Experiment Station (18), 23-27, 2002-03

    JASI 

  • 牛受精卵の性判別技術の確立  [in Japanese]

    高木 英彦 , 市川 恭子 , 川井 昭雄 , ほか2名

    牛受精卵移植技術を効率的に推進していくために、胚の性判別方法として注目されているPCR法を用いて、牛産子の産み分けの可能性を検討した。サンプル採取方法は、血清無添加培養液(0.2MシュークロースinPBS-)を用いて、胚をシャーレの底に付着固定し、マイクロブレードに垂直に押し下げて行う方法が、確実に固定でき短時間で処理が可能であった。バイオプシー後のステージ別生存率は、体外、体内受精卵とも後期桑実 …

    高知県畜産試験場研究報告 = Report of the Kochi Prefectural Livestock Experiment Station (17), 25-29, 1998-03

    JASI 

Page Top