渡辺 優平 WATANABE Yuhei

Articles:  1-16 of 16

  • L-035 Analysis of the Possibility of cache timing attacks against OpenSSL  [in Japanese]

    Hasegawa Jun , Watanabe Yuhei , Morii Masakatu

    情報科学技術フォーラム講演論文集 14(4), 269-272, 2015-08-24

    IPSJ 

  • L-014 Secure WEP operation and its implementation  [in Japanese]

    Watanabe Yuhei , Iriyama Takahiro , Morii Masakatu

    情報科学技術フォーラム講演論文集 14(4), 195-200, 2015-08-24

    IPSJ 

  • The Analysis of the CREAM vulnerability against OpenSSL  [in Japanese]

    長谷川 淳 , 渡辺 優平 , 森井 昌克

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(81), 27-32, 2015-06-11

  • The Analysis of the CREAM vulnerability against OpenSSL  [in Japanese]

    長谷川 淳 , 渡辺 優平 , 森井 昌克

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(80), 27-32, 2015-06-11

  • Improvement on a Full Plaintext Recovery Attack against RC4  [in Japanese]

    大東 俊博 , 渡辺 優平 , 森井 昌克

    コンピュータセキュリティシンポジウム2014論文集 2014(2), 426-433, 2014-10-15

    IPSJ 

  • An Active Attack on RC4 in SSL/TLS  [in Japanese]

    OHIGASHI Toshihiro , ISOBE Takanori , WATANABE Yuhei , NOJIMA Ryo , MORII Masakatu

    2013年にSSL/TLSのRC4においてBroadcast Settingのもとで比較的少数の暗号化パケットから高確率で平文を復元できることが五十部らとAlFardanらによって独立に発見された.彼らの攻撃は,使用している脆弱性の性質から平文バイトの位置によって復元できる確率が異なるという特徴を持つ.本稿では,不正なJavaScriptを利用して任意の文字列を平文の上位バイトに挿入し,攻撃な有利 …

    IEICE technical report. Information and communication system security 113(502), 7-12, 2014-03-27

  • Speeding Up Method for WEP Attack  [in Japanese]

    飯塚 大貴 , 渡辺 優平 , 長尾 篤 , 森井 昌克

    コンピュータセキュリティシンポジウム2013論文集 2013(4), 330-335, 2013-10-14

    IPSJ 

  • O-003 High Error Correcting in QR Code Using Pad Code Words  [in Japanese]

    Aoyama Naoki , Watanabe Yuhei , Morii Masakatu

    情報科学技術フォーラム講演論文集 12(4), 509-514, 2013-08-20

    IPSJ 

  • Vulnerability of RC4 in SSL/TLS

    WATANABE Yuhei , ISOBE Takanori , OHIGASHI Toshihiro , MORII Masakatu

    SSL/TLSではGoogle社を含む多くの利用者が暗号化方式としてRC4を採用している. FSE2013で我々は同一の平文を複数の利用者が異なる鍵で暗号化するBroadcast Settingにおいて,2^<32>個程度の暗号文から先頭257バイトの平文が,2^<34>個の暗号文から先頭1000Tバイトの平文が高確率で容易に復元できることを示した.本稿では同一の秘密情報が …

    IEICE technical report. Information and communication system security 113(95), 19-24, 2013-06-20

  • Vulnerability of RC4 in SSL/TLS

    WATANABE Yuhei , ISOBE Takanori , OHIGASHI Toshihiro , MORII Masakatu

    SSL/TLSではGoogle社を含む多くの利用者が暗号化方式としてRC4を採用している. FSE2013で我々は同一の平文を複数の利用者が異なる鍵で暗号化するBroadcast Settingにおいて,2^<32>個程度の暗号文から先頭257バイトの平文が,2^<34>個の暗号文から先頭1000Tバイトの平文が高確率で容易に復元できることを示した.本稿では同一の秘密情報が …

    IEICE technical report. Internet Architecture 113(94), 19-24, 2013-06-20

  • Gray scale two-dimensional code and its applications  [in Japanese]

    FURUMOTO Keisuke , WATANABE Yuhei , MORII Masakatu

    デコーダを標準搭載した携帯電話の普及に伴い,近年QRコードに代表される二次元コードは広く利用されている.しかし,QRコードの格納データ容量は最大でも3KB程度であり,格納データ容量が増加するに従い認識精度が低下するといった問題がある.情報密度の向上を目的として,二次元コードを構成しているモジュールを従来の明暗の2階調ではなく,カラ大化して多階調にする研究が行われている.本稿では従来のQRコードを多 …

    IEICE technical report. Information and communication system security 112(315), 7-12, 2012-11-15

    References (5)

  • Proposal of High Gradation Recognition Algorithm for Color Two-Dimensional Code  [in Japanese]

    ENDO Yusuke , HIROTOMO Masanori , SAJI Yuki , WATANABE Yuhei , MORII Masakatu

    QRコードに代表される二次元コードが携帯電話に実装され,情報を認識する様々な用途に用いられている.近年その記録情報密度向上の要求から,従来2値化されたモジュール(セル)の状態を多値化する研究が行われている.しかしながら多値化することにより,印刷やディスプレイ上での高階調度の投影のみならず,高階調度での認識が要求され,そのための認識アルゴリズムが希求されている.本論文では二次元コードにおいての誤り訂 …

    The IEICE transactions on information and systems (Japanese edetion) 95(11), 1935-1943, 2012-11-01

    References (12) Cited by (1)

  • O-024 Moving image QR Code and its application  [in Japanese]

    Furumoto Keisuke , Watanabe Yuhei , Morii Masakatu

    情報科学技術フォーラム講演論文集 11(4), 407-412, 2012-09-04

    IPSJ 

  • L-006 Two-dimensional code with site authentication off-line  [in Japanese]

    Kashii Yuki , Watanabe Yuhei , Morii Masakatu

    情報科学技術フォーラム講演論文集 11(4), 107-112, 2012-09-04

    IPSJ 

  • Malicious QR Code and its protection  [in Japanese]

    WATANABE Yuhei , KASHII Yuki , MORII Masakatu

    携帯電話の普及とともに,2次元コードが様々な用途で利用されている.しかし,QRコードは格納データの視認性が乏しく,偽造されたQRコードの判断は困難である.また,ユーザが読み取ったデータをきちんと確認することなくWEBサイトにアクセスするため,フィッシングサイトに誘導される危険性が存在する.QRコードから不正なWEBサイトへの誘導に関する対策として認証サーバを用いる方式が提案されている.しかし,認証 …

    IEICE technical report. Information and communication system security 111(495), 1-4, 2012-03-09

    References (5)

  • O-005 Improvement of Error Correcting Capability in QR Code Using Pad Code Words  [in Japanese]

    Watanabe Yuhei , Endo Yusuke , Morii Masakatu

    情報科学技術フォーラム講演論文集 10(4), 511-516, 2011-09-07

    IPSJ 

Page Top