遠野 雅徳 Tohno Masanori

Articles:  1-5 of 5

  • Effect of Rice Soft-Grain Silage Feeding on Productivity of Japanese Black Breeding Cows  [in Japanese]

    須﨑 哲也 , 松尾 麻未 , 小仲 瑠偉 , 黒木 幹也 , 遠野 雅徳 , 小林 寿美

    宮崎県畜産試験場研究報告 = Bulletin of the Miyazaki Livestock Experiment Station (30), 18-26, 2019-12

  • イネSGS(ソフトグレインサイレージ)の給与水準が黒毛和種繁殖雌牛の生産性に及ぼす影響について  [in Japanese]

    須崎 哲也 , 松尾 麻未 , 小仲 瑠偉 , 黒木 幹也 , 遠野 雅徳 , 小林 寿美

    暑熱期におけるイネSGSの品質低下防止を目的に、保存容器の違いによる品質への影響を調査した結果、プラスティックサイロを使用した場合が最も保存性に優れ、カビの発生も認められなかった。また、保存性を高めるためにも、開封後はできる限り空気と接触させない利用方法が重要であることがわかった。また、イネSGSを配合飼料の代替として一定期間(60日間)、黒毛和種繁殖雌牛に給与した結果、イネSGSを籾米で乾物摂取 …

    宮崎県畜産試験場試験研究報告 = Bulletin of the Miyazaki Livestock Experiment Station (30), 18-26, 2019-12

    JASI 

  • Effect of Processing on Fermentative Quality of Fully Ripened Rice Grain Silage  [in Japanese]

    Inoue Hidehiko , Uegaki Ryuichi , Tohno Masanori , Kobayashi Hisami , Matsuo Morinobu , Ibuki Toshihiko

    完熟期に収穫した飼料用米の籾米,玄米それぞれを前処理を変えてサイレージ調製し,貯蔵日数40日と120日の発酵品質を検討した。籾米,玄米ともに水分調整,破砕処理,乳酸菌添加がサイレージ発酵の促進のために有効であった。完熟期収穫の飼料用米サイレージの発酵特性は,黄熟期収穫の飼料用米のサイレージ調製と一部の処理区を除き同様の傾向を示した。籾米,玄米ともに長期貯蔵になると乳酸,酪酸,VBNが増加した。長期 …

    Japanese Journal of Grassland Science 58(3), 153-165, 2012

    J-STAGE  JASI  References (25)

  • Identification and characterization of clostridia associated with silage fermentation of Italian ryegrass  [in Japanese]

    KOBAYASHI Hisami , CAI Yimin , THONO Masanori , UEGAKI Ryuichi , OKAJIMA Tsuyoshi , TAKADA Ryozo

    イタリアンライグラス(<I>Lolium multiflorum</I> Lam.) 3品種とそれらのサイレージからClostridia 34菌株を分離した.生理・生化学的性質と16S rRNA塩基配列解析結果に基づき,<I>Clostridium algidixylanolyticum, C. beijerinckii, C. bifermentans, C. …

    Nihon Chikusan Gakkaiho 82(3), 305-315, 2011-08-05

    J-STAGE  References (22)

  • Effect of processing on fermentative quality of forage rice plants as rice soft grain silage  [in Japanese]

    UEGAKI Ryuichi , SHIGETA Kazuto , OGAWA Masuhiro , KOBAYASHI Hisami , TOHNO Masanori , CAI Yimin

    飼料米を安定かつ低コストで貯蔵できるようにするために,飼料米をサイレージ貯蔵するための最適な調製方法を検討した.飼料イネ(玄米,籾米)を材料に小規模サイロを使用した調製貯蔵実験を行ない,段階的に程度を換えて破砕すること,水分を調整すること,添加剤(乳酸菌,グルコース)の添加処理が,サイレージ発酵の発酵品質へ与える影響を,pH,有機酸含量,揮発性塩基態窒素,および微生物叢を比較することで検討した.ま …

    Nihon Chikusan Gakkaiho 81(3), 353-362, 2010-08-25

    J-STAGE  References (8) Cited by (3)

Page Top