今泉(安楽) 温子 Imaizumi-Anraku Haruko

ID:9000045428421

農業生物資源研 (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-19 of 19

  • PB-22 Effects of rice genotype on methane flux and root- associated methanotrophs in paddy rice

    Bao Zhihua , Watanabe Aya , Okubo Takashi , Liu Dongyan , Ikeda Seishi , Sasaki Kazuhiro , Imaizumi-Anraku Haruko , Asagawa Susumu , Sato Tadashi , Minamisawa Kiwamu

    日本微生物生態学会講演要旨集 (28), 145, 2012

    NDL Digital Collections 

  • 水稲のメタン発生に及ぼすイネ共生遺伝型の影響(2012年度土壌微生物学会講演要旨)  [in Japanese]

    包 智華 , 大久保 卓 , 池田 成志 , 佐々木 和浩 , 今泉(安楽) 温子 , 浅川 晋 , 劉 冬艶 , 佐藤 雅志 , 南澤 究

    Soil Microorganisms 66(2), 90, 2012

    J-STAGE 

  • Functional analysis of symbiotic genes by root epidermis-specific expression system in <I>Lotus</I>

    Hayashi Teruyuki , Hayashi Makoto , Imaizumi-Anraku Haruko

    マメ科植物-根粒菌の共生では、土壌中の根粒菌を根粒内に導くための感染経路を構築する「感染糸形成」と、根の皮層細胞分裂によって始まる「根粒器官形成」の両プログラムが同調的に進行することにより、窒素固定の場となる根粒が形成される。<br>近年、マメ科モデル植物ミヤコグサより、根粒菌との共生に必須な遺伝子が単離されている。これらの共生遺伝子は、表皮における「感染糸形成」、皮層における「根粒器 …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2010(0), 0302-0302, 2010

    J-STAGE 

  • Activation mechanisms of calcium calmodulin-dependent protein kinase (CCaMK) during symbioses

    Shimoda Yoshikazu , Han Lu , Hayashi Makoto , Imaizumi-Anraku Haruko

    マメ科植物の根には、根粒菌による窒素固定共生系とアーバスキュラー菌根菌による菌根共生系が見出される。2つの共生系の有り様は異なるが、それぞれの共生初期過程は共通の宿主遺伝子を介したシグナル伝達経路(common symbiosis pathway:CSP)により制御されている。共生菌の感染シグナル分子を受容した根毛細胞ではCa2+ シグナルが誘導される。CSPの中核的因子であるCCaMK(Calc …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2010(0), 0301-0301, 2010

    J-STAGE 

  • Functional complementation analysis of CASTOR, POLLUX and DMI1

    han lu , Venkateshwaran Muthusubramanian , Shimoda Yoshikazu , Otegui Marisa S. , Ane Jean-Michel , Imaizumi-Anraku Haruko

    マメ科植物は根粒菌と菌根菌と共生することができる。2つの共生系を制御する宿主遺伝子群は共通シグナル伝達経路(CSP)と呼ばれている。<I>CASTOR</I>・<I>POLLUX</I>はミヤコグサのCSPに属するイオンチャネルであり、高い相同性を示しながら、それぞれの単独変異によりミヤコグサは共生能を失う。一方、タルウマゴヤシでは、POLLUXオル …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2010(0), 0300-0300, 2010

    J-STAGE 

  • Establishment and application of Arbuscular Mycorrhizal gene maker.

    Takeda Naoya , Imaizumi-Anraku Haruko , Hayashi Makoto , Parniske Martin , Kawaguchi Masayoshi

    菌根共生は植物の陸上への侵出と同時期に成立したとされる植物-微生物間相互作用であり、この共生による栄養供給は植物の生育、環境適応に貢献している。さらにマメ科植物は菌根共生システムの一部を流用することで、根粒菌との相互作用による根粒共生を成立させ、窒素固定能を獲得した。近年の研究から、根粒共生システムを構成する遺伝子群の発見など様々な知見が得られ、その知見は根粒共生と共有される菌根共生システムの解明 …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2010(0), 0299-0299, 2010

    J-STAGE 

  • <I>NIN</I> gene regulates infection thread formation downstream of <I>CYCLOPS</I> in <I>Lotus</I> <I>japonicus</I>

    Soyano Takashi , Yano Koji , Imaizumi-Anraku Haruko , Umehara Yosuke , Kouchi Hiroshi , Hayashi Makoto

    ミヤコグサ<I>nin</I>変異体は根粒形成過程の様々な過程で異常を示し、根粒菌の感染による根毛の異常なカーリングが観察され、さらに感染糸及び根粒原基の形成が起こらない。一方、<I>cyclops</I>変異体では、一見正常な根毛のカーリングが起きてマイクロコロニーが形成されるが、感染糸を形成しない。前者は転写因子様のタンパク質をコードし、後者はコ …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2009(0), 0991-0991, 2009

    J-STAGE 

  • Activation of common symbiosis pathway is prerequisite for successful infection of endosymbionts

    Imaizumi-Anraku Haruko , Banba Mari , Hayashi Teruyuki , Shimoda Yoshikazu

    高等植物の根には、根粒菌による根粒窒素固定共生と、アーバスキュラー菌根菌による菌根共生が見出される。2つの共生系は、その有り様を異にするが、2つの共生菌の共生成立過程は、共通する宿主遺伝子群~共通シグナル伝達経路(common symbiosis pathway:CSP)により制御されている。菌根菌・根粒菌の感染時、宿主植物の根では、周期的なカルシウムイオン濃度変動~Caスパイキング~が誘導される …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2009(0), S0062-S0062, 2009

    J-STAGE 

  • Calcium oscillation in the growing root hair cell

    Takeda Naoya , Hayashi Makoto , Parniske Martin , Imaizumi-Anraku Haruko

    カルシウムイオン(Ca<SUP>2+</SUP>)は通常、細胞質内で極低濃度に維持されているが、外部刺激などによる細胞外やカルシウム貯蔵オルガネラからのCa<SUP>2+</SUP>の流入により、急激なイオン濃度の上昇が引き起こされる。このようなCa<SUP>2+</SUP>濃度変化は、カルモジュリンやCDPKなどのカルシウム …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2009(0), 0690-0690, 2009

    J-STAGE 

  • <I>Lotus japonicus</I> FEN1 protein play an essential role in successful symbiotic nitrogen fixation

    Hakoyama Tsuneo , Matsumoto Tsuyoshi , Tatsumi Kazuyuki , Ishizaka Masumi , Mitsui Hisayuki , Imaizumi-Anraku Haruko , Kawaguchi Masayoshi , Kouchi Hiroshi , Suganuma Norio , Niimi Kaori , Watanabe Hirokazu , Tabata Ryouhei , Matsubara Jun-ichi , Sato Shusei , Nakamura Yasukazu , Tabata Satoshi , Li Jichun

    根粒菌の多くは、宿主であるマメ科植物に形成された根粒細胞内に感染しバクテロイドへと分化した時にのみ窒素固定活性を発現し、単生状態では窒素固定を行わない。このことは、根粒菌の窒素固定能が宿主植物遺伝子によって制御されていることを示唆する。しかしながら、バクテロイドの窒素固定能を制御する宿主植物機構には不明な点が多く残されている。<br>ミヤコグサのFix<SUP>-</ …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2009(0), 0187-0187, 2009

    J-STAGE 

  • ALB1 of <I>Lotus</I> <I>japonicus</I> is Required for Infection Thread Formation

    Yano Koji , Soyano Takashi , Imaizumi-Anraku Haruko , Sato Shusei , Tabata Satoshi , Kawaguchi Masayoshi , Umehara Yosuke , Kouchi Hiroshi , Hayashi Makoto

    マメ科植物は、根に形成された根粒において根粒菌と共生関係を築いている。近年、マメ科モデル植物を利用した分子遺伝学的な解析によって、マメ科植物と根粒菌の共生に必要な複数の因子が明らかとなってきた。しかしながら、共生系確立過程全体の解明には程遠く、特に感染糸形成の分子メカニズムはほとんど解明されていない。そこで、我々はミヤコグサの感染糸形成突然変異体<I>alb1</I>を選抜 …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2009(0), 0185-0185, 2009

    J-STAGE 

  • Phenotypic characterization of nod- mutants transformed with a gain-of-function <I>CCaMK</I>

    Banba Mari , Hayashi Teruyuki , Kouchi Hiroshi , Imaizumi-Anraku Haruko

    近年、マメ科モデル植物ミヤコグサより根粒・菌根共生に必須な遺伝子が単離されている。これらの遺伝子群は2つの共生菌の感染の最初期過程を司る共通シグナル伝達経路common signaling pathway (CSP) を構成しており、共生菌の感染シグナルを受容してCaシグナルを誘導し、CSP下流のシグナル経路を活性化していると考えられる。<br> CSP 遺伝子の一つである<I …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2008(0), 0194-0194, 2008

    J-STAGE 

  • Functional Analysis of <I>Lotus japonicus</I> Transcription Factors Identified in Transcriptome Analyses of the Nodulation Process

    Asamizu Erika , Kouchi Hiroshi , Perry Jillian , Wang Trevor , Parniske Martin , Kawaguchi Masayoshi , Imaizumi-Anraku Haruko , Tabata Satoshi , Sato Shusei

    マメ科植物と根粒菌の共生窒素固定は、相互の複雑なシグナルのやり取りによって成立する。ミヤコグサはマメ科のモデルとしてゲノム解析が進行中であり、その情報を利用して根粒菌からのシグナル受容や根粒形成初期のシグナル伝達の鍵となるいくつかの遺伝子が単離されている。ミヤコグサ根粒形成過程のcDNAアレイ(Kouchi et al. 2004)やSAGE (Asamizu et al. 2005)などのトラン …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2007(0), 119-119, 2007

    J-STAGE 

  • Analysis Of The Host Genes Involved In Infection Of Arbuscular Mycorrhiza In <I>Lotus japonicus</I> And <I>Oryza sativa</I>

    Banba Mari , Kouchi Hiroshi , Imaizumi-Anraku Haruko

    アーバスキュラー菌根菌(AM菌根菌)は土壌に生息する真菌類であり、陸上植物種の8割以上と共生する最も普遍的な植物共生微生物である。AM菌根菌は根の皮層細胞内に栄養交換器官を形成し、宿主植物にリン酸供給、乾燥耐性や耐病性の向上といった農業上有用な形質を付与する。しかし、菌根菌感染の分子機構は未だ殆ど解明されていない。<br> 近年、マメ科モデル植物から同定された根粒菌感染の初期シグナル …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2007(0), 122-122, 2007

    J-STAGE 

  • TINod (Transcription Initiator for Nodulation), a New GRAS Family Transcription Factor of <I>Lotus</I> <I>japonicus</I>, Initiates Transcription in Analogous Manner to STAT of Animals

    Murakami Yasuhiro , Miwa Hiroki , Imaizumi-Anraku Haruko , Kouchi Hiroshi , Downie Allan , Kawaguchi Masayoshi , Kawasaki Shinji

    ミヤコグサの根粒形成変異体<I>tinod</I>は根粒菌感染時の感染糸形成や皮層細胞の分裂が観察されず、また<I>NIN</I>,<I>ENOD40</I>等の初期nodulin遺伝子の発現誘導もブロックされている。一方、Nod Factorの投与によるCa<SUP>2+</SUP>スパイキングの誘導 …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2006(0), 140-140, 2006

    J-STAGE 

  • Host Genes Involved in Activation and Perception of Calcium Spiking

    Imaizumi-Anraku Haruko , Takeda Naoya , Kawaguchi Masayoshi , Parniske Martin , Hayashi Makoto , Kawasaki Shinji

    Nod factor受容後に根毛で誘導されるカルシウムスパイキング(Ca spiking)は、共生成立における重要な初期応答反応と位置付けられている。common signaling pathwayに異常をきたす変異体の一部でCa spikingが誘導されないことから、初期応答反応の軸であるCa spikingはcommon signaling pathwayによる制御を受けていると考えられる。& …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2005(0), S18-S18, 2005

    J-STAGE 

  • Analysis of <I>TRINITY</I> gene that governs rhizobial and mycorrhizal symbioses

    Takeda Naoya , Charpentier Myriam , Mulder Lonneke , Perry Jillian , Parniske Martin , Murooka Yoshikatsu , Kouchi Hiroshi , Kawaguchi Masayoshi , Kawasaki Shinji , Hayashi Makoto , Imaizumi-Anraku Haruko , WU Guo-Jiang , Umehara Yosuke , Murakami Yasuhiro , Yoshikawa Makoto , Sato Shusei , Asamizu Erika , Tabata Satoshi

    マメ科植物ミヤコグサから単離された根粒菌・菌根菌共生変異体<I>Ljsym71</I>の原因遺伝子<I>TRINITY</I>(<I>TRI</I>)をポジショナルクローニングにより同定した。cDNA配列および推定アミノ酸配列から、この遺伝子産物はプラスチド移行シグナルと4つの膜貫通ドメインをもち、カリウムイオン輸送に関与して …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2004(0), 440-440, 2004

    J-STAGE 

  • Genetic Analysis of Infection Thread Mutants in <I>Lotus japonicus</I>

    Hayashi Makoto , Tansengco Myra , Yano Kouji , Imaizumi-Anraku Haruko , Kawasaki Shinji , Sato Shusei , Tabata Satoshi , Kawaguchi Masayoshi , Murooka Yoshikatsu

    マメ科植物の共生的窒素固定において、感染糸は根圏の根粒菌を植物根組織内に取り込む構造として重要な機能を担っている。我々は感染糸形成に関わる因子を分子遺伝学的に同定する目的で、感染糸形成に不全をきたすミヤコグサ共生変異体を単離し、その解析をおこなっている。現在までに、B-129に由来する5相補群についてファインマッピングを終了した。<I>Ljsym74</I>と<I&g …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2004(0), 442-442, 2004

    J-STAGE 

  • <I>TRINITY</I> controls nodulation and mycorrhization concomitantly in <I>Lotus japonicus</I>

    Imaizumi-Anraku Haruko , Mulder Lonneke , Perry Jillian , Parniske Martin , Murooka Yoshikatu , Kouchi Hiroshi , Kawaguchi Masayoshi , Hayashi Makoto , Kawasaki Shinji , Takeda Naoya , Umehara Yousuke , Murakami Yasuhiro , Yoshikawa Makoto , Sato Syuusei , Asamizu Erika , Tabata Satoshi , Charpentier Myriam

    マメ科植物において、根粒非着生変異体の一部がアバスキュラー菌根菌非感染の表現型を示すことから、両共生系にシェアされる宿主遺伝子群の存在が明らかになってきた。ミヤコグサ共生変異体<I>Ljsym71</I>では根粒が全く着生せず、根粒菌の産生するNod factor処理によってカルシウムスパイキングが誘導されないうえ、菌根菌の内生菌糸は皮層に侵入することが出来ない。これらの表 …

    Plant and Cell Physiology Supplement 2004(0), 439-439, 2004

    J-STAGE 

Page Top