松田 昇也 MATSUDA Shoya

ID:9000045428611

Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) (2021年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-7 of 7

  • Discovery of proton hill in the phase space during interactions between ions and electromagnetic ion cyclotron waves

    Shoji Masafumi , Miyoshi Yoshizumi , Kistler Lynn M. , Asamura Kazushi , Matsuoka Ayako , Kasaba Yasumasa , Matsuda Shoya , Kasahara Yoshiya , Shinohara Iku

    宇宙空間で電波を生み出す陽子の集団を発見 --JAXAの人工衛星「あらせ」の観測と解析から--. 京都大学プレスリリース. 2021-07-12.

    Scientific Reports (11), 2021

    IR 

  • Penetration of MeV electrons into the mesosphere accompanying pulsating aurorae

    Miyoshi Y. , Hosokawa K. , Kurita S. , Oyama S.-I. , Ogawa Y. , Saito S. , Shinohara I. , Kero A. , Turunen E. , Verronen P. T. , Kasahara S. , Yokota S. , Mitani T. , Takashima T. , Higashio N. , Kasahara Y. , Matsuda S. , Tsuchiya F. , Kumamoto A. , Matsuoka A. , Hori T. , Keika K. , Shoji M. , Teramoto M. , Imajo S. , Jun C. , Nakamura S.

    明滅オーロラとともに起こるオゾン破壊 --宇宙からの高エネルギー電子が大気に及ぼす影響を実証--. 京都大学プレスリリース. 2021-07-14.

    Scientific Reports (11), 2021

    IR 

  • CNNによる時系列連続性を考慮した宇宙自然電波の特性周波数検出  [in Japanese]

    近藤 和真 , 長谷川 達人 , 松田 昇也 , 熊本 篤志 , 土屋 史紀 , 笠原 禎也 , 三好 由純 , 笠羽 康正 , 松岡 彩子 , 篠原 育

    宇宙空間で観測された自然電波の自動検出には,MLPを用いたモデルやCNNモデルが提案されている.これらのモデルはある時刻に観測された宇宙自然電波のパワースペクトルから特性周波数を検出するモデルである.これらのモデルが扱う宇宙自然電波のパワースペクトルは時間方向に連続的な周波数変動を有しており,この特性を利用することで特性周波数の検出精度の更なる向上が期待される.そこで本研究では時系列連続性を考慮し …

    第82回全国大会講演論文集 2020(1), 291-292, 2020-02-20

    IPSJ 

  • Transient ionization of the mesosphere during auroral breakup: Arase satellite and ground-based conjugate observations at Syowa Station

    Kataoka Ryuho , Nishiyama Takanori , Tanaka Yoshimasa , Kadokura Akira , Uchida Herbert Akihito , Ebihara Yusuke , Ejiri Mitsumu K. , Tomikawa Yoshihiro , Tsutsumi Masaki , Sato Kaoru , Miyoshi Yoshizumi , Shiokawa Kazuo , Kurita Satoshi , Kasahara Yoshiya , Ozaki Mitsunori , Hosokawa Keisuke , Matsuda Shoya , Shinohara Iku , Takashima Takeshi , Sato Tatsuhiko , Mitani Takefumi , Hori Tomoaki , Higashio Nana

    オーロラが爆発するとヴァン・アレン帯の電子が上空65 kmにまで侵入することを解明. 京都大学プレスリリース. 2019-02-12.

    Earth, Planets and Space (71), 2019-01-23

    IR 

  • Visualization of rapid electron precipitation via chorus element wave–particle interactions

    Ozaki Mitsunori , Miyoshi Yoshizumi , Shiokawa Kazuo , Hosokawa Keisuke , Oyama Shin-ichiro , Kataoka Ryuho , Ebihara Yusuke , Ogawa Yasunobu , Kasahara Yoshiya , Yagitani Satoshi , Kasaba Yasumasa , Kumamoto Atsushi , Tsuchiya Fuminori , Matsuda Shoya , Katoh Yuto , Hikishima Mitsuru , Kurita Satoshi , Otsuka Yuichi , Moore Robert C. , Tanaka Yoshimasa , Nosé Masahito , Nagatsuma Tsutomu , Nishitani Nozomu , Kadokura Akira , Connors Martin , Inoue Takumi , Matsuoka Ayako , Shinohara Iku

    地球近傍の宇宙で発生するプラズマと電磁波の相互作用発生域の可視化に成功 --最新の科学衛星「あらせ」と極北のオーロラ観測から宇宙の物理現象を理解--. 京都大学プレスリリース. 2019-01-18.

    Nature Communications (10), 2019-01-16

    IR 

  • Study on Onboard Data Processing for Phase Property of Plasma Wave Measured by Spacecraft  [in Japanese]

    MATSUDA Shoya , KASAHARA Yoshiya , GOTO Yoshitaka

    太陽系惑星探査衛星によって観測される波動現象は,衛星内の限られた計算機資源で処理され,限られた容量の伝送路を用いて地上局へ伝送される.本論文では,従来から着目されてきたパワースペクトルに加え,位相情報にも注目して波動観測ソフトウェアの仕様を提案した.内部処理については,従来から搭載されているルーチンを応用して高効率化させたFFT手法と,位相に関する計算精度を十分維持できるような三角関数テーブルを取 …

    The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. B 95(11), 1584-1593, 2012-11-01

    References (10)

  • Study on Onboard Data Processing for Phase Property of Plasma Wave Measured by Spacecraft  [in Japanese]

    松田 昇也 , 笠原 禎也 , 後藤 由貴

    電子情報通信学会論文誌. B, 通信 95(11), 1584-1593, 2012-11

Page Top