出口 弘 DEGUCHI Hiroshi

ID:9000045428677

東京工業大学 (2019年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-20 of 47

  • 1 / 3
  • Research Program for Constructive Social Systems Theory  [in Japanese]

    DEGUCHI Hiroshi

    <p> 本稿でわれわれは「構築主義的社会システム論」の概念を導入する。伝統的なシステムアプローチが人間活動システムの機能的な側面に焦点をあてるのに対して、構築主義は人間活動システムにおいて共有される現実構築過程を扱う。われわれは「現実」の概念を社会において共有された内部モデルとして扱う。そしてわれわれは「現実の構築」の概念が社会的、文化的、組織的そして経済的システムを、歴史的 …

    Social and Economic Systems Studies: The Journal of the Japan Association for Social and Economic Systems Studies 38(0), 81-92, 2019

    J-STAGE 

  • IoTを基盤としたマネジメントのダウンサイジング:- PEMSによるマイクロマネジメント -  [in Japanese]

    出口 弘

    本研究では、IoTを基盤としたマネジメントのダウンサイジングを論じる。従来ビジネス・マネジメントの単位は企業であり、様々な計画や実績の管理も企業組織の会計と紐づけられて論じられてきた。P2Mではプロジェクトを基本単位としたマネジメントが論じられるが、これは企業組織のマネジメントを補完するものとして位置付けらている。本研究では、IoT時代に、様々なタスクをプロジェクト形式で結びつけた小規模なプロジェ …

    Proceedings of International Association of P2M 2019.Autumn(0), 131-147, 2019

    J-STAGE 

  • Extended Modeling Cycle for Socio-technological Complex Systems as Artificial & Its Project & Program Management in IoT Era  [in Japanese]

    Deguchi Hiroshi

    本稿では、公的なサービスや政策意思決定を含む様々なサービスや財の生成と管理のプロセスに対して、これを人と組織と技術の複合した社会技術複合体(社会技術複合システム) と捉え、その人工物としてのシステムに関して、そのシステムモデルの策定、モデルの実施あるいは実現とそのマネジメントプロセスとしてのサービス、全体としての広義モデリングサイクルのスキームについて論じる。具体的には、IoTを前提とした、社会技 …

    Proceedings of International Association of P2M 2018.Spring(0), 243-262, 2018

    J-STAGE 

  • Education and Research using Social Simulation Platform SOARS  [in Japanese]

    Ichikawa M. , Deguchi H.

    The social simulation platform SOARS -Spot Oriented Agent Role Simulator- can constructsocial simulation models with a simple personal computer operation without any programming experienceand knowledg …

    Proceedings of the Conference of Transdisciplinary Federation of Science and Technology 2017(0), E-3-3, 2017

    J-STAGE 

  • IoT based Management for Project based Business Process:Design, Deployment, Operation & Management of Management Information System in the IoT Era  [in Japanese]

    Deguchi Hiroshi

    本発表では、複数のタスクがプロジェクト型に疎結合したビジネスプロセスを対象としたIoTベースのマネージメントシステムについて論じる。今日の経営情報システムは、企業組織を単位として設計され、それが対象とするビジネスプロセスも企業を単位とする。IoT技術を用いることで、より小さなタスクが疎結合したプロジェクト型のビジネスプロセスに対して、これをタスク単位・プロジェクト単位で設計・実装・運営・管理するこ …

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2017f(0), 171-174, 2017

    J-STAGE 

  • Healthcare Support Activities and Management in the Event of a Disaster  [in Japanese]

    ICHIKAWA Manabu , ISHIMINE Yasuhiro , KONDO Yuji , DEGUCHI Hiroshi , KANATANI Yasuhiro

    地震に代表される自然災害の多いわが国では、災害発生時に被災地の医療を支援するため、避難者の健康を管理するために、DMAT・DPAT・DHEATなどに代表される保健医療支援活動従事者が、被災地において支援活動を行う。本研究では,発災直後から復興期にかけて保健医療支援活動従事者が、どのように組織され、どのような活動をどのように行なっているかを論じる。また、近年では、保健医療支援活動を支える情報技術も整 …

    Journal of International Association of P2M 12(1), 21-35, 2017

    J-STAGE 

  • コンフリクトの原理的討議  [in Japanese]

    徳安 彰 , 出口 弘 , 高瀬 武典 , 赤堀 三郎 , 田中 秀幸 , 奈良 由美子

    Social and Economic Systems Studies: The Journal of the Japan Association for Social and Economic Systems Studies 37(0), 19-56, 2016

    J-STAGE 

  • Architecture Design of Micro Services & Its Workflow in IOE Era  [in Japanese]

    Deguchi Hiroshi

    本稿では、IoE時代のものづくりや様々なサービス領域でのシステムのデザイン・構築・運用に関するP2Mについて論じる。IoE時代のP2Mのためには、様々なマイクロサービスコンポーネントからなるシステムとそのオーケストレーションが課題となる。しかしながら今なおIoTのシステム開発のアーキテクチャとして用いられているものの多くは、クラウド上のデータベースソリューションである。だがそのシステムのデザインは …

    Proceedings of International Association of P2M 2016.Spring(0), 70-101, 2016

    J-STAGE 

  • Building a Analysis of Pollutant System by a Lifestyle  [in Japanese]

    TOKUHIRO Ryutaro , DEGUCHI Hiroshi

    The appearance of the symptoms of excess cancer incidence and non-carcinogenic by pollutant is found in many people by a wide variety of degree. This reason is the difference of per day of pollutant e …

    Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers 52(12), 678-689, 2016

    J-STAGE 

  • Simulation Analysis of Population Dynamics Based on Autonomous Residential Choice in Suburb Areas  [in Japanese]

    YAMADA Kunpei , DEGUCHI Hiroshi

    Estimating future population is important process of policy making in managing social infrastructure or urban development, especially in Japan with a declining population. In this research, I describe …

    Transactions of the Society of Instrument and Control Engineers 52(10), 555-565, 2016

    J-STAGE 

  • 文明を『デザイン』する――超多様性社会への道程  [in Japanese]

    高瀬 武典 , 田中 秀幸 , 出口 弘 , 徳安 彰 , 赤堀 三郎 , 小山 友介

    Social and Economic Systems Studies: The Journal of the Japan Association for Social and Economic Systems Studies 36(0), 29-46, 2015

    J-STAGE 

  • パネル討論:ステム科学、情報学、工学からみたこれからのサービスサイエンス  [in Japanese]

    出口 弘 , 塩瀬 隆之 , 鴻巣 努 , 西田 絢子

    Proceedings of International Association of P2M 2015.Spring(0), PS-1-PS-5, 2015

    J-STAGE 

  • Design for Energy Utilization Planning by Energy Flow Cost Accounting  [in Japanese]

    Deguchi Hiroshi , Takebayashi Tomonori , Furuta Hiroaki , Umemiya shigeyoshi , Konno Takeshi , Ishizuka Yasunari , Kidera Shigeki , Kurata Masashi , Shuang Chang

    エネルギーマネージメントは様々なプロジェクトで重要な課題となっている。ここでは組織における複数のステークホルダーを結びつけたエネルギーマネージメントの方法として、我々の提案するエネルギー会計を用いて、エネルギーを投入とするサービスシステムの生産プロセスの分析を行う。これにより、コジェネによる工場のエネルギー運用計画のデザインが如何に可能となるかを仮想的なケースを中心に示す。

    Proceedings of International Association of P2M 2015.Spring(0), 135-150, 2015

    J-STAGE 

  • Real World OS as an Infrastructure of P2M for IOE Era  [in Japanese]

    DEGUCHI Hiroshi

    IOE(Internet of Everything)の時代に人・もの・ソフトエージェント等の遂行する個々のタスクをインターネットで結ばれた複雑なワークフローとして実行するためのシステムと、複数のワークフローからなり個々のワークフローに対する資源配分等を含む全体システムを設計・実装・マネージメントする技術は、産業から経済社会システムに至る基幹の社会技術となる。本研究ではこのネットワークで結ばれた実 …

    Journal of International Association of P2M 9(2), 99-122, 2015

    J-STAGE 

  • Design for Energy Utilization Planning by Energy Accounting  [in Japanese]

    DEGUCHI Hiroshi , TAKEBAYASHI Tomonori , YOSHIDA Hiroaki , UMEMIYA Shigeyoshi , KONNO Takeshi , ISHIZUKA Yasunari , KIDERA Shigeki , KURATA Masashi , Shuang Chang

    エネルギーマネージメントは、工場からオフィースまで企業の様々な領域で重要なテーマとなっている。そこでは単にエネルギーを節約するだけではなく、企業のBCP(緊急時企業存続計画)からエネルギー投資まで社内の複数の部門をつなぐプログラムマネージメントが必須となる。本稿では P2Mのスリーエスモデル(スキームモデル(計画〉、システムモデル〈能力基盤の構築〉、サービスモデル(実践と成果の発現〉をエネルギープ …

    Journal of International Association of P2M 10(1), 191-214, 2015

    J-STAGE 

  • Autonomous Distributed Cooperative Production Support System in IoE Era:- Using Multi Dimensional Bookkeeping System for Material & Service Accounts -  [in Japanese]

    Deguchi Hiroshi

    近年M2M, IoT, IoEなどの新たな技術革新を受け、サイバーフィジカル空間上でのものづくりやサービス構築に関して、新たな産業インフラのアーキテクチャデザインが必須となる。<br> 本研究では物的勘定とサービス勘定を用いた多元簿記を基軸として生産やサービス提供のシステムに関する諸情報を統合的に扱う生産支援システムが構築可能であることを示す。<br> IoE時代の生産・サ …

    Abstracts of Annual Conference of Japan Society for Management Information 2015f(0), 379-382, 2015

    J-STAGE 

  • - Real World OS as an Infrastructure of P2M for IOE Era -  [in Japanese]

    Deguchi Hiroshi

    IOE(Internet of Everything)の時代に人・もの・ソフトエージェント等の遂行する個々のタスクをインターネットで結ばれた複雑なワークフローとして実行するためのシステムと、複数のワークフローからなり個々のワークフローに対する資源配分等を含む全体システムを設計・実装・マネージメントする技術は、産業から経済社会システムに至る基幹の社会技術となる。本研究ではこのネットワークで結ばれた実 …

    Proceedings of International Association of P2M 2014.Autumn(0), 151-171, 2014

    J-STAGE 

  • <b>A Proposal of Risk Assessment Method on Countermeasure against High Fatality Infectious Disease Using Agent-based Simulation</b>  [in Japanese]

    Ishinishi Masayuki , Ichikawa Manabu , Tanuma Hideki , Deguchi Hiroshi , Kanatani Yasuhiro

    This paper aims to propose a risk assessment method on countermeasure against infectious disease with high fatality rate using social simulation. We constructed a novel model which are able to visuali …

    Transactions of the Institute of Systems, Control and Information Engineers 27(7), 319-325, 2014

    J-STAGE 

  • <b>The Construction and Usage of a Simulation Model of Night-time Emergency Health Care System</b>  [in Japanese]

    Ichikawa Manabu , Kasuga Yusho , Deguchi Hiroshi , Kanatani Yasuhiro

    The current Japanese night-time emergency health care system can no longer satisfy patients' demand due to the patient's changing consultation behavior and the doctor's uneven distribut …

    Transactions of the Institute of Systems, Control and Information Engineers 27(7), 259-267, 2014

    J-STAGE 

  • 1 / 3
Page Top