佐藤 康弘 Sato Yasuhiro

ID:9000045428715

東北大学病院心療内科 Department of Psychosomatic Medicine, Tohoku University Hospital (2019年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • The Role of Medical Psychologists in Department of Psychosomatic Medicine : With a Special Reference to Cognitive Behavioral Therapy  [in Japanese]

    Abe Mai , Shoji Tomotaka , Machida Tomomi , Endo Yuka , Sato Yasuhiro , Tamura Daisaku , Machida Takatsugu , Fukudo Shin

    <p>大学病院の心療内科において, 医療心理士は, 臨床, 教育, 研究の3要素にわたる役割を果たすことが重要である. 臨床では, 第一に, 心理面と身体疾患の両方についての知識や理解をもって, 患者を全体像から把握し, 心身両面からサポートする. 身体生理機能についても習得する必要が求められ, その視点をもつことは, 身体疾患を対象とした多くの領域において役立てるものである. 第二に …

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 59(2), 144-149, 2019

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • The Correlation between Trait Anxiety and Alternation in Colonic Motility in Irritable Bowel Syndrome  [in Japanese]

    Machida Takatsugu , Machida Tomomi , Sato Yasuhiro , Tamura Daisaku , Shoji Tomotaka , Endo Yuka , Fukudo Shin

    <p><b>目的</b> : 過敏性腸症候群 (irritable bowel syndrome : IBS) では, 脳腸相関が主たる病態である. 不安はIBSの増悪因子の一つであり, 一般的に不安が高い場合には外的刺激に対する過敏性が増強され大腸運動機能に影響を及ぼすと推察されるが, IBS患者の不安と大腸運動機能の関連について具体的な報告はない. 今回われ …

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 58(1), 74-79, 2018

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Eating Disorders as Stress Related Disorders : An Approach with Neuroimaging Studies  [in Japanese]

    Sato Yasuhiro , Fukudo Shin

    <p>摂食障害の発症, 維持にはストレスが深く関与しており, 対人関係ストレス, 虐待, 喪失体験などが摂食障害のリスク要因として知られている.</p><p>神経性やせ症 (AN) 患者は認知制御が過剰で, 情動処理の活動が抑制されていることがその病因, 病態に深く関与していると考えられるようになってきた. 対人関係ストレスに関連する不快な語彙を用いたfMRI研 …

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 57(8), 790-796, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Three Cases with Pituitary Adrenocortical Insufficiency Referred to Psychosomatic Medicine, Initially Suspected as Depressive Disorder  [in Japanese]

    Machida Takatsugu , Machida Tomomi , Sato Yasuhiro , Tamura Daisaku , Shoji Tomotaka , Endo Yuka , Fukudo Shin

    <p>副腎皮質機能低下症は食欲不振, 悪心・嘔吐, 易疲労感など非特異的症状を呈することが多く, うつ病との鑑別が難しい. うつ病を疑われ心療内科に紹介され, 下垂体性副腎皮質機能低下症と判明した3例を報告する. <b>症例1</b> : 59歳男性 : 特に誘因なく悪心嘔吐が出現し体重が6カ月で18kg減少, 抑うつ気分や倦怠感がみられた. 一般血液検査, 内 …

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 56(11), 1134-1139, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 6. 著しい皮下気腫,縦隔気腫を合併した神経性食欲不振症の一例(一般演題,第69回日本心身医学会東北地方会演題抄録)  [in Japanese]

    橋田 かなえ , 森下 城 , 本郷 道夫 , 遠藤 由香 , 田村 太作 , 庄司 知隆 , 相模 泰宏 , 青木 勲 , 佐藤 康弘 , 町田 知美 , 町田 貴胤

    Japanese Journal of Psychosomatic Medicine 52(11), 1057, 2012

    J-STAGE 

Page Top