松本 志郎 Matsumoto Shirou

ID:9000045428829

国立大学法人 熊本大学大学院 生命科学研究部 小児科学分野 Department of Pediatrics, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University (2019年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • Development of a Liver Toxicity Informatics System (AMED project)  [in Japanese]

    YAMADA Hiroshi , NUMAKAWA Tadahiro , MATSUMOTO Shirou , UESAWA Yoshihiro , NAGAI Junko , NOGUCHI Tamotsu , IGARASHI Yoshinobu , NAKATSU Noriyuki , YAMAGATA Yuki , AKIMARU Hiroshi , AKIMARU Erika , HORIMOTO Katsuhisa , FUKUI Kazuhiko , ERA Takumi

    <p> アカデミア創薬研究の支援を目的とした「創薬支援インフォマティクスシステム構築」プロジェクトが、2015年度から5カ年計画で日本医療研究開発機構(AMED)の創薬支援推進事業として進行中である。当該事業の1課題として肝毒性インフォマティクスシステムの構築研究が行われており、当研究班(以下、肝毒性研究班)には、医薬基盤・健康・栄養研究所、産業技術総合研究所、熊本大学及び明治薬科大学 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 46.1(0), P-181, 2019

    J-STAGE 

  • Development of a prediction system for liver toxicity  [in Japanese]

    NAKATSU Noriyuki , ERA Takumi , MATSUMOTO Shirou , UESAWA Yoshihiro , YAMADA Hiroshi , IGARASHI Yoshinobu , YAMAGATA Yuki , MATSUYAMA Akifumi , AKIMARU Hiroshi , AKIMARU Erika , OKURA Hanayuki , HORIMOTO Katsuhisa , FUKUI Kazuhiko

    <p> 薬剤性肝障害は医薬品の市場撤退・開発中止の主な要因の一つであり、克服すべき重要な課題である。医薬品の効率的開発および安全性確保のため、特に創薬早期において利用可能な<i>in silico</i>および<i>in vitro</i>肝毒性予測技術の発展が強く望まれている。AMEDのプロジェクト「創薬支援インフォマティクスシステム構 …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 45.1(0), P-99, 2018

    J-STAGE 

  • 14. 病理診断を行ったFontan術後多発性FNHの1症例(一般演題,第49回日本小児外科学会九州地方会)  [in Japanese]

    川端 誠一 , 李 光鐘 , 猪股 裕紀洋 , 別府 透 , 今井 克憲 , 大内 繭子 , 松本 志郎 , 西原 重剛

    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 48(6), 982-983, 2012

    J-STAGE 

  • A case of bilateral renal hypoplasia and neonatal hemochromatosis.  [in Japanese]

    Hattori Kiyoko , Iwai Masanori , Itoh Norihiro , Nishi Kazuhiko , Mitsubuchi Hiroshi , Kondo Yuichi , Endo Fumio , Nakazato Hitoshi , Kawano Tomoyasu , Satoh Ayumi , Tamura Hiroshi , Matsumoto Shirou , Ichihara Junko , Karashima Mami , Tanaka Kenichi

    新生児ヘモクロマトーシスは新生児早期より肝臓を中心に鉄の沈着を生じ,重篤な肝障害を呈する稀な疾患で,肝障害が急速に進行し致死的になることが多い。<br> 今回われわれは,新生児ヘモクロマトーシスを合併し,両側低形成腎による慢性腎不全に至った症例を経験した。小腸閉鎖,胎便性腹膜炎を認め,日齢1に小腸閉鎖根治術を施行したが術後より乏尿となり次第に腎障害が進行した。その後,肝障害と高フェリチ …

    Nihon Shoni Jinzobyo Gakkai Zasshi 24(1), 68-73, 2011

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Production of fourth generation cloned pigs by serial somatic cell nuclear transfer  [in Japanese]

    Matsunari Hitomi , Matsumoto Shirou , Tomii Ryo , Ogawa Buko , Haruyama Erika , Ikeda Yuki , Tohi Yoshiaki , Nakayama Naoki , Nagashima Hiroshi

    【目的】高度な遺伝子改変ブタの作出においては,例えば,遺伝子ノックアウトブタに対して複数の外来遺伝子を追加導入するような,いわゆる重層的遺伝子改変が必要な場合がある。このことは体細胞核移植を介した遺伝子改変が反復されることを意味する。そこで,本研究では,ブタの重層的遺伝子改変のための基礎的知見の収集を目的として,体細胞核移植の反復による,第4世代(G4)クローンブタの生産の可能性を検証した。【方法 …

    The Journal of Reproduction and Development Supplement 101(0), 581-581, 2008

    J-STAGE 

Page Top