七種 伸行 Saikusa Nobuyuki

Articles:  1-10 of 10

  • Clinical Analysis of Patients With Congenital Cystic Adenomatoid Malformation in Our Department  [in Japanese]

    Tsuruhisa Shiori , Tanaka Yoshiaki , Hashizume Naoki , Yagi Minoru , Asagiri Kimio , Fukahori Suguru , Ishii Shinji , Saikusa Nobuyuki , Higashidate Naruki , Yoshida Motomu

    <p>【目的】胎児診断の向上により胎児期に先天性囊胞状腺腫様奇形(以下CCAM)を指摘される例が増加しているが,治療方針や治療術式は画一的なものはない.今回は当科の経験症例を基に,術式や手術時期を後方視的に検討した.</p><p>【方法】2002 年から2014 年までに当科にて治療したCCAM の11 例を対象とした.検討項目は病型・術式・臨床所見・手術時期・ …

    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 52(5), 1031-1036, 2016

    J-STAGE 

  • Idiopathic Perforation of the Transverse Colon in an Infant  [in Japanese]

    Masui Daisuke , Yagi Minoru , Fukahori Suguru , Asagiri Kimio , Yoshida Motomu , Hashizume Naoki , Saikusa Nobuyuki , Ishii Shinji , Tanaka Yoshiaki , Tanigawa Ken

    今回,乳児期に発症した特発性横行結腸穿孔の1 例を経験したので報告する.症例は8 か月男児.顔色不良,呻吟,嘔吐を契機に精査加療目的に当院紹介入院となった.増悪する腹部膨満のため腹部CT 施行すると横行結腸周囲にfree air と著明な腹水が認められたため,消化管穿孔の診断で緊急手術となった.横行結腸脾弯曲部に穿孔部が認められ,人工肛門造設術が施行された.術後DIC の併発と腹腔内膿瘍の遺残で治 …

    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 52(4), 992-998, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Oxidative stress and Antioxidant  [in Japanese]

    Tanaka Yoshiaki , Higashidate Naruki , Yagi Minoru , Ishii Shinji , Asagiri Kimio , Fukahori Suguru , Saikusa Nobuyuki , Hashizume Naoki , Yoshida Motomu , Komatsuzaki Naoko , Masui Daisuke

    酸化ストレスは、炎症や感染などを契機として、抗酸化酵素などの体内抗酸化システムや摂取された抗酸化物質による消去を上回って体内で過剰に生成された活性酸素種による酸化損傷力として認識される。即ち、生体内の活性酸素生成系の亢進や、消去系(抗酸化システム)の低下により引き起こされる。酸化ストレスによって生体膜、生体内分子の酸化傷害に起因した臓器障害が進行し、多くの疾病の発症、増悪の原因となることが注目され …

    Journal of Japanese Society for Parenteral and Enteral Nutrition 31(1), 3-12, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 重症心身障碍児(者)に対する栄養管理の問題点  [in Japanese]

    吉田 索 , 深堀 優 , 田中 芳明 , 八木 実 , 浅桐 公男 , 靏久 士保利 , 倉八 朋宏 , 坂本 早季 , 升井 大介 , 橋詰 直樹 , 七種 伸行 , 石井 信二

     重症心身障碍児(者)(以下障碍症例)は,神経または代謝疾患だけでなく,胃食道逆流症(以下 GERD)や摂食嚥下機能障害などを高頻度に合併するため,逆流防止術や外科的気道確保術などの外科治療が必要となる.周術期管理を行う上でさまざまな問題に直面することがあるが,特に栄養管理に難渋することが多い.摂食嚥下障害から経管栄養を余儀なくされ,栄養法が介護者に委ねられ,単一の栄養剤の使用などによる …

    The Japanese Journal of SURGICAL METABOLISM and NUTRITION 49(4), 147-154, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Treatment of Growing Teratoma Syndrome From Ovarian and Peritoneal Disseminational Teratoma: A Case Report  [in Japanese]

    Sakamoto Saki , Ueda Ko-ichiro , Hashizume Naoki , Yagi Minoru , Asagiri Kimio , Fukahori Suguru , Kojima Shin-ichiro , Saikusa Nobuyuki , Yoshida Motomu , Nishimura Miho

    Growing teratoma syndrome(以下GTS)は非精細胞性胚細胞性腫瘍の化学療法施行中や施行後に腫瘍増大を示すも腫瘍マーカーは正常値で,病理学的は成熟奇形腫となる病態である.我々は卵巣原発の未熟奇形腫の術後,腹膜播種の化学療法後に成熟成分が増大したGTS に1 例を経験した.症例は11 歳女児.直径270 mm の腹部腫瘍を認め,卵巣未熟奇形腫と術前診断した.手術所見では右卵巣腫 …

    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 51(7), 1214-1219, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Postinfectious Functional Dyspepsia Treated With Kampo Medicine in a Child: A Case Report  [in Japanese]

    Hashizume Naoki , Egami Hideaki , Yagi Minoru , Ishii Shinji , Asagiri Kimio , Fukahori Suguru , Saikusa Nobuyuki , Yoshida Motomu , Masui Daisuke , Sakamoto Saki

    機能性ディスペスシアに対し漢方療法を施行し,胃運動機能の観点からその有効性が認められた1 例を経験した.症例は5 歳男児.急性胃腸炎症状軽快後より腹部膨満,心窩部痛,嘔吐を認め近医を受診した.約50 日間摂取後の嘔吐が続き,発症前より3.6 kg の体重減少を認めた.上部消化管内視鏡検査では軽度の胃炎が認められ,画像検査では器質的疾患は認められず,感染性胃腸炎を契機とした機能性ディスペスシアと診断 …

    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 51(6), 1093-1099, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A Case of Perforation of Meckel's Diverticulum Penetrated Into Transverse Mesocolon  [in Japanese]

    Hashizume Naoki , Tanaka Yoshiaki , Yagi Minoru , Asagiri Kimio , Fukahori Suguru , Saikusa Nobuyuki , Koga Yoshinori , Higashidate Naruki , Yoshida Motomu , Sakamoto Saki

    症例は11 歳の男児.上腹部痛にて近医を受診し,急性腹症と判断され当院へ救急搬送された.腹部は膨満し,上腹部を中心に圧痛,筋性防御を認めた.腹部造影CT 検査にて上腹部を中心としたfree air および一部拡張した小腸を認めた.十二指腸穿孔による急性汎発性腹膜炎の診断にて緊急手術を施行した.手術にて横行結腸間膜に炎症性癒着を伴い間膜内に穿破したメッケル憩室穿孔を認めた.憩室小腸合併切除および端々 …

    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 50(4), 838-841, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Treatment Strategies for Children with Abdominal Trauma  [in Japanese]

    Asagiri Kimio , Tanaka Yoshiaki , Yagi Minoru , Sakamoto Teruo , Komatsuzaki Naoko , Yoshida Motomu , Koga Yoshinori , Kojima Shinichiro , Saikusa Nobuyuki , Ishii Shinji , Fukahori Suguru , Hikida Shigeki

    当院で過去10年間に経験した小児腹腔内臓器損傷の23症例27部位について治療経過をまとめ,最適な治療戦略について考察した。小児腹腔内臓器損傷症例においてもIVRは安全に施行可能であった。IVR施行群は非施行群と比較して有意に高い重症度が認められたが,IVR施行群のなかでTAE施行群と非施行群の重症度は両群間に有意差は認められなかった。しかし,TAE施行群は非施行群と比較して血管造影室搬入までの所要 …

    Nihon Fukubu Kyukyu Igakkai Zasshi (Journal of Abdominal Emergency Medicine) 32(7), 1195-1200, 2012

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 23. 当院における小児外傷性脾損傷の現状(一般演題,第49回日本小児外科学会九州地方会)  [in Japanese]

    橋詰 直樹 , 鶴 知光 , 朝川 貴博 , 七種 伸行

    Journal of the Japanese Society of Pediatric Surgeons 48(6), 985, 2012

    J-STAGE 

Page Top