宮本 裕司 MIYAMOTO Yuji

ID:9000045436658

鹿島建設(株)小堀研究室 Kobori Research Complex, Kajima Corp. (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • ANALYTICAL STUDY FOR DAMAGE TO UNDER CONSTRUCTION CAST-IN-PLACE CONCRETE PILE SUBJECTED TO LATERAL SPREADING DURING THE 1995 HYOGOKEN-NAMBU EARTHQUAKE  [in Japanese]

    KOYAMADA Kohji , TOKIMATSU Kohji , MIYAMOTO Yuji

    Pile foundations near the shoreline in Kobe city were severely damaged due to liquefaction-induced lateral spreading during the Hyogo-ken Nambu Earthquake, January 17,1995. Kuwabara and Yoneda (1998) …

    Journal of Structural and Construction Engineering (Transactions of AIJ) 71(599), 43-50, 2006

    J-STAGE  AIJ  References (16) Cited by (1)

  • Nonlinear Property for Surface Strata from Natural Soil Samples

    Koyamada Kohji , Miyamoto Yuji , Miura Kenji

    表層地盤の地震時応答を評価する際、地盤の非線形特性の設定が重要となる。非線形特性は、原位置採取試料による室内試験結果をもとに設定することが望ましいが、多大な費用と時間を要するため通常中低層建物では、告示別表の非線形曲線(告示モデル)など既往の提案モデルを用いることが多い。しかし例えば告示モデルは大きな歪みレベルでの減衰定数を過大評価するとの指摘もあり、新しい非線形モデルの提案が望まれている。本報告 …

    Proceedings of the Japan National Conference on Geotechnical Engineering JGS38(0), 2077-2078, 2003

    J-STAGE  Cited by (1)

  • 液状化地盤における杭基礎橋脚の非線形を考慮した地震応答解析  [in Japanese]

    盛岡 義郎 , 砂坂 善雄 , 宮本 裕司 , 酒向 裕司

    液状化地盤中の杭支持橋脚について地震応答解析を行い、地震時の橋脚の応答と杭応力の基本的性状について考察を行った。解析では、地盤のひずみの増大、有効応力の減少による非線形性及び橋脚と杭体の非線形性を考慮する。入力地震動の最大加速度レベル、地盤の液状化及び橋脚・杭の非線形性が橋脚-杭基礎-地盤系の動的相互作用、橋脚の応答及び杭応力に与える影響を明らかにする。

    PROCEEDINGS OF THE JSCE EARTHQUAKE ENGINEERING SYMPOSIUM (24), 681-684, 1997

    J-STAGE 

  • 液状化地盤における杭基礎の遠心模型実験とシミュレーション解析  [in Japanese]

    福岡 篤信 , 安達 直人 , 宮本 裕司 , 酒向 裕司

    PROCEEDINGS OF THE JSCE EARTHQUAKE ENGINEERING SYMPOSIUM (23), 377-380, 1995

    J-STAGE 

Page Top