近藤 正男 KONDO Masao

ID:9000045451579

富山大学工学部 (1972年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-14 of 14

  • A Study on the Sand Seams of Limmed Steel Ingot  [in Japanese]

    MORIMUNE Takahiro , KONDO Masao , IKEDA Masao , SHIMAZAKI Toshiji

    鉄鋼基礎共同研究部会より,地キズに関する研究の依頼を受け,富士製鉄株式会社室蘭製鉄所より地キズ試験用サンプルを受け取りその試料の内,本稿に示したごとき表示記号のスラブ鋼片について,JISを用い,鋼の地キズと清浄度を調べた。次に地キズに関する基礎研究として,膨脹係数,ヤング率から,介在物と鋼が冷却中に起こすtensionとcompressionについて計算し,地キズ原因の一つの考察とした。

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University 23(1・2), 31-34, 1972-03

    IR  DOI 

  • On Silicon Crystals Growth from the Vapor  [in Japanese]

    KONDO Masao , NAKATANI Noriyuki

    珪素はそのハロゲン化物の熱分解,水素叉はZn等の金属による還元によってその結晶を生ずる。ZnガスによってSiCl_4が還元されてSi結晶を生ずる反応はDu Pont法としてよく知られているが,Znガスが他の不活性ガスによってうすめられるとSiは繊維状に生ずる。E.R.JohnsonとJ.A.Amickはこの方法で表面の凹凸のばげしいwhiskerを得て,それが<111>方向にのびている …

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University (22), 143-148, 1971-03

    IR  DOI 

  • Deformation of the Steel : Hardened and Sub-zero Treated, under the Repeated Blow (Report II)  [in Japanese]

    KONDO Masao

    ころがり軸受が使用されるときには,繰返し荷重が加り,叉摩擦によって温度が上昇するので,軸受が変形を起すが,その変形量が大きいときには,軸受の機能に相当の影響が生ずるので,変形量の少いことが望ましい。サブゼロ処理を施せば,経年変形を少くすることが出来るが,同時にこのような加工変形に対しても抵抗の大きいことが期待される。本報告では,前回の鋼種SUJ2(軸受鋼第2種)に引つづき,鋼種SUJ3について,更 …

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University (21), 103-107, 1970-03

    IR  DOI 

  • 高バナジウム高速度鋼の熱処理の切削性能

    近藤 正男

    富山大学工学部紀要 (20), 117-125, 1969-03

  • Deformation of the Steel : Hardened and Sub-zero Treated, under the Repeated Blow (Report I)  [in Japanese]

    KONDO Masao

    特殊鋼にサブゼロ処理を施せば,経年変形に対する安定性を増大することは,既に理論的にも証明せられているが,繰返応力を受ける場合の変形に対する安定性にしても,同様にサブゼロ処理の効果が期待される。軸受鋼の経年変形については,従来多くの研究が行なわれているが,実際軸受として使用せられるときには,繰返応力しかも衝撃的な応力を受けることを考えて,著者は,サブゼロ処理を加えたいくつかの熱処理方法を施したものに …

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University (20), 126-129, 1969-03

    IR  DOI 

  • On the Heat Treatment and Cutting Ability of the High Vanadium High-Speed Steel  [in Japanese]

    KONDO Masao

    バナジウムの添加が高速度鋼の切削性能を高めることは,既に知られているが,多量に添加すると鍛造性を害するので,鍛造圧延して使用する普通の用途では5~6%が最高で,従来のバナジウム添加の研究も6%以下のものが殆んどであった。高速度鋼にバナジウムを添加して高い性能を発揮させるには,バナジウムに対応して炭素量を増すことが必要であって,W.Oertel等はそのC%として次式を示している。 C(%)=0.6( …

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University (20), 117-125, 1969-03

    IR  DOI 

  • Specific Gravity of the Ball Bearing Steel  [in Japanese]

    KONDO Masao

    鉄鋼の比重は,比熱・熱膨脹係数・熱伝導度と並んで,重要な性質の一つとしてあげられている。即ち,西村博士はその著書で金属材料の性質の一番最初に比重についての説明をして居られるし,斉藤博士はその著書で,鉄炭素合金の物理的工業的性質の第2節に比重をあげて居られる。又,Metals Handbookでは,Some Physical Properties of the Elementsとして,Element …

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University 9(1・2), ????, 1958-03

    IR  DOI 

  • Dilatometric Measurement of the Transformation of Steel  [in Japanese]

    KONDO Masao

    炭素鏑の変態膨脹収縮に関する研究は,鉄鋼の研究に於ては最も基礎になるものであるから,古来多くの研究が発表されて居る。1899年,G.Svedelius & H. Lechatelierの研究以来,G. Charpy & L. Grenet, Rosenhain & Humfrey, W. Broniewsky, Benedicks, 日本でも今野,本多,菊田,佐藤,佐藤,の研究があり,A_1, A …

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University 8(1・2), ????, 1957-03

    IR  DOI 

  • On the Heat Treatments of Low Carbon Steels  [in Japanese]

    YAMADA Masao , KONDO Masao

    Qrdinarily the heat treatmenls of low carbon steels are difficult for the "Mass Effect". But the sheets of low carbon steels showed good mechanical properties with the good designed heat treatments. S …

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University 8(1・2), ????, 1957-03

    IR  DOI 

  • On the Microstructure of the Ball Bearing Steel  [in Japanese]

    KONDO Masao , YAMADA Masao , IKEDA Masao

    軸受鋼の熱処理については,既に多くの研究があり,その焼入及び恒温変態については,既に著者の一人が詳しく研究を発表しているが,焼入鋼の顕微鏡組織については,なお二三の疑問が残されているので,我々はその点について研究をした。焼入硬化した軸受鋼は,セメンタイトと紋密なマルテンサイトから成るものであるが,deep etchingをすると,マルテンサイトの中に着色する部分が亀甲状に現われて来る。我々は一応こ …

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University 7(1・2), ????, 1956-02

    IR  DOI 

  • On the Theory of the Transformation and the Heat-Treatment of Steel : Part II.. On the Transformation of the Super-cooled γ Phase of Steel  [in Japanese]

    KONDO Masao

    On the Theory of the Transformation and the Heat-Treatment of Steel: -PartII. On the Transformation of the Super-cooled γ Phase of Steel. The free energy function of α phase and ß phase was derived fr …

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University 6(1・2), ????, 1955-03

    IR  DOI 

  • On the Theory of the Transformation and the Heat-Treatment of Steel : Part I. Relation between the Free Energy and the Equilibrium Diagram  [in Japanese]

    KONDO Masao

    On the Theory of the Transformation and the Heat-Treatment of Steel:--Part I. Relation between the Free Energy and the Equilibrium Diagram. The free energy function of the interstitial solid solutions …

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University 5(1・2), 114-126, 1954-03

    IR  DOI 

  • Magnetic Analysis of Steel by Means of a New Method. II : On the Solubility of Chromium in Ferrite (α Iron) Contained in a Chromium Steel  [in Japanese]

    KONDO Masao

    交番磁場内に試料を置き,試料に巻いたサーチコイルに誘起する起電力を,交流検流計で測り,その値と試料の温度との関係を求める。この方法によると,従来区別のつかなかった相の状態の差異を知る事が出来る。その一例として,クロム鋼を焼入し焼戻すると,焼戻温度の上昇と共にその関係は炭素銅のそれに近づき,クロム鋼のフェライト中のクロム量が,焼戻温度の上昇と共に減少する事を推定出来る。叉恒温変態に於ても,高温で変態 …

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University 4(1・2), 68-73, 1953-03

    IR  DOI 

  • Magnetic Analysis of Steel by Means of a New Method  [in Japanese]

    KONDO Masao

    磁気的性質の,温度による変化を測定する為に,試験片を交番磁場内に置いて,その試料にsearch coilを巻き,試料の温度を高める。Search coilに生ずる起電力は交流であるから,整流して検流計でよむ。そのよみと温度との関係は従来の磁力計を用いる磁気分析の結果と同様であって,しかも磁力計を用いる場合の様に磁気嵐や外部磁場に乱される事がなく,よみは安定で,拡大して読めるし精度も高い。

    Bulletin of Faculty of Engineering, Toyama University 3(1), 57-62, 1951-12

    IR  DOI 

Page Top