太田 和夫 OTA Kazuo

ID:9000045458153

東京女子医大肝移植チーム (1994年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-9 of 9

  • S2-7 わが国における肝移植推進に向けて : 問題点の整理と克服すべき課題(肝移植の現状と諸問題)  [in Japanese]

    寺岡 慧 , 中村 道郎 , 石田 英樹 , 佐藤 純彦 , 星野 智明 , 小池 太郎 , 阿部 正浩 , 春口 洋昭 , 尾崎 倫考 , 広谷 紗千子 , 北島 久視子 , 新開 真人 , 赤松 眞 , 藤田 省吾 , 中島 一朗 , 河合 達郎 , 淵之上 昌平 , 太田 和夫 , 竹波 和之 , 大坪 毅人 , 山本 雅一 , 高崎 健 , 羽生 富士夫 , 橋本 悦子 , 林 直諒

    The Japanese journal of gastroenterological surgery 27(6), 1266, 1994-06-01

    Ichushi Web 

  • FUROSEMIDE-INDUCED PANCREATITIS AND RENAL DYSFUNCTION IN A PATIENT WITH CHRONIC RENALFAILURE

    KIMIKAWA Masaaki , FUJIKAWA Hiroyasu , NAKAGAWA Yoshihiko , TERAOKA Satoshi , OTA Kazuo

    薬剤性膵炎の発生頻度は低いが,引き起こすと考えられている薬剤を見ると,ステロイド,化学療法剤,降圧利尿剤など日常診療において頻用する薬剤が多い.今回われわれは胃切除後フロセミドの投与により急性膵炎,腎機能障害の増悪をきたしたと考えられる慢性腎不全患者の1例を経験したので報告する.症例は71歳の女性で, 1991年2月Borrmann 3型胃癌に対して胃亜全摘術を施行された.術後尿量減少したためフロ …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 54(11), 2900-2905, 1993

    J-STAGE 

  • THREE CLINICAL CASES OF INTRAPERITONEAL CYSTS CAUSED BY PERITONEAL DIALYSIS

    HAYASHI Taketoshi , KAWAI Tatsuo , NAKAGAWA Yoshihiko , SUGA Hideiku , FUJIKAWA Hiroyasu , TERAOKA Satoshi , AGISHI Tetsuzo , OTA Kazuo , UDA Mitsuo

    われわれは腹膜透析が原因と思われる腹腔内嚢胞の3症例を経験したので報告する.症例はいずれも慢性腎不全のため腹膜透析を施行している.腹部膨満,除水能低下のため,エコー, CT検査を行ったところ,腹腔内に嚢胞が認められた. 2症例に摘出術を施行したが,組織所見では嚢胞壁はすべてフィブリンで構成されており,悪性所見はなかった. 3症例とも腹膜炎の既往があることから腹膜藩流液の化学的刺激と腹膜炎による炎症 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 52(8), 1906-1909, 1991

    J-STAGE 

  • PATENCY AND COMPLICATIONS AFTER IMPLANTATION OF VASCULAR ACCESS DEVICE

    HAYASHI Taketoshi , AGISHI Tetsuzo , HONDA Hiroshi , FUJITA Shogo , TOJIMBARA Tamotsu , KAWAI Tatsuo , FUCHINOUE Shohei , TERAOKA Satoshi , OTA Kazuo

    79例の手術不能癌患者にone-shot用植え込み式動注カテーテル(vascular access device: VAD)を埋植し,その開存率と合併症に関して検討を加えた.<br>開存率は開腹法と大腿動脈法とでは有意な差はなかった.埋植時期を前期(86年12月まで)と後期(87年1月以降)に分けると, 1年開存率は前期で30%,後期で65%であり,これは埋植手技の確立と器材の改良によ …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 52(2), 251-254, 1991

    J-STAGE 

  • Survival from acute drug intoxication by normothermic whole body rinse out utilizing perfluorochemicals.  [in Japanese]

    Honda Hiroshi , Funakoshi Yoichi , 山形 桂仁 , 高橋 満彦 , 小林 峰徳 , Teraoka Satoshi , Agishi Tetsuzo , Ota Kazuo

    Removal of macromolecule blood component containing pathogenetic factors as complete as possible is desirable for rapid recovery in some diseases such as acute intoxication of drugs or acute hepatic f …

    Journal of the Japan Society of Blood Transfusion 34(1), 16-21, 1988

    J-STAGE 

  • INTRA-ARTERIAL CANCER CHEMOTHERAPY BY MEANS OF AN IMPLANTABLE VASCULAR ACCESS DEVICE

    HONDA Hiroshi , NAKAMURA Rinnosuke , AGISHI Tetsuzo , OBA Shinobu , KIHARA Ken , 渕之上 昌平 , GOYA Nobuyuki , NAKAZAWA Hayakazu , TERAOKA Satoshi , OTA Kazuo

    30例の手術不能進行癌患者に動注用カテーテル(vascular access device: VAD)を植込み,抗癌剤投与に局所温熱療法や大量抗癌剤投与時にはさらに活性炭血液灌流を併用して加療した.観察期間は平均7.85カ月で,固型癌化学療法直接判定基準によると12/30例(40.0%)にやや有効以上の効果を得た.<br>治療中30例中8例(26.7%)に合併症を認めたが,合併症発生率 …

    The journal of the Japanese Practical Surgeon Society 49(6), 936-941, 1988

    J-STAGE 

  • PROBLEMS INVOLVED IN SURGICAL TREATMENT OF DIALYSIS PATIENTS  [in Japanese]

    Ota Kazuo

    透析患者の増加に伴って各種の外科手術を受ける患者が急増している.<br>疾患としてはブラッドアクセスや腎移植に関係した手術の多いことは当然であるが, 胃癌, 胆石症などをはじめとする一般手術の患者もしばしばみられている. これら疾患の発生頻度, ならびにその手術成績, 及び悪性腫瘍例の統計につき示し, あわせてこれらの透析患者が外科手術を受ける場合の問題点について記載した.

    Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 15(2), 219-226, 1982

    J-STAGE 

  • Comparative study on dynamic behavior of leukocyte during dialysis with PMMA and cellulosic dialyzers:Some consideration on its probable correlation with clinical conditions of patients  [in Japanese]

    Suda Akio , Kunitomo Tetsunosuke , Kikuchi Tetsuya , Marui Shogo , Tanaka Kenichi , Sogawa Shuya , Moriyama Yoshiaki , Umikawa Miharu , Wakabayashi Keiji , Naito Masashi , Ota Kazuo , Sakai Yoshitada , Kizawa Michiko

    セルロース膜では著しい白血球数の-過性減少 (leukopenia) が見られるのに対し, PMMA膜では穏やかな推移に止まることが知られている. 一方, ダイアライザーをセルロース膜からPMMA膜に変更すると患者は快適感を告げることが多い.<br>これらの事象の原因や相互関係をより明らかにするために, 同一患者群 (7人) に対しセルロース膜とPMMA膜を使いわけ, 各回での白血球像 …

    Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 15(1), 45-49, 1982

    J-STAGE 

  • 自己管理の指導 水分, 体重管理  [in Japanese]

    太田 和夫

    Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 12(1), 331-351, 1979

    J-STAGE 

Page Top