橋本 悦子 HASHIMOTO Etsuko

Articles:  1-11 of 11

  • 第41回日本肝臓学会東部会 橋本悦子会長に聞く  [in Japanese]

    橋本 悦子 , 坂本 直哉 , 平松 直樹

    肝臓 57(10), 521-526, 2016-10

  • Two cases of primary biliary cirrhosis complicated by autoimmune hepatitis at the age of over eighties  [in Japanese]

    Ikarashi Yuuichi , Taniai Makiko , Hashimoto Etsuko , Kodama Kazuhisa , Kogiso Tomomi , Torii Nobuyuki , Tokushige Katsutoshi

    症例1は84歳時に原発性胆汁性肝硬変(primary biliary cirrhosis;PBC)と診断されursodeoxycholic acid(UDCA)投与されたが治療を自己中断.86歳時に発熱と黄疸が出現,肝胆道系酵素,IgG,IgM著明高値,抗核抗体(ANA),抗ミトコンドリア抗体(AMA)陽性より,自己免疫性肝炎(AIH)を合併したと診断.一時肝不全徴候を呈したがpredonisol …

    Kanzo 57(2), 97-105, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Characteristics of gender differences and age in nonalcoholic steatohepatitis with regard to the complications of lifestyle-related disease, fat distribution, adipocytokines and SNPs  [in Japanese]

    Kogiso Tomomi , Shiratori Keiko , Hashimoto Etsuko , Tokushige Katsutoshi , Chishima Sayaka , Kodama Kazuhisa , Tobari Maki , Matsushita Noriko , Taniai Makiko , Torii Nobuyuki

    非アルコール性脂肪肝炎(NASH)における,性別・年齢の関与を明らかにするため,組織学的に診断されたNASH 691例を55歳を境に年齢(若年Y・高齢E)と性別(男M・女F)で4群に群別し,臨床病理学的特徴,脂肪測定,血清adipocytokine,遺伝的因子を比較検討した.高度肥満例は若年群で有意に高頻度であった(高度肥満YM 10%,EM 2%,YF 13%,EF 5%).男女とも高齢になると …

    Kanzo 55(4), 199-205, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Multiple large hepatocellular adenomas in a patient with glycogen storage disease type Ia  [in Japanese]

    UEMURA Shuichiro , ARIIZUMI Shun-ichi , TAKAHASHI Yutaka , OMORI Akiko , KOTERA Yoshihito , KATAGIRI Satoshi , HASHIMOTO Etsuko , NAKANO Masayuki , YAMAMOTO Masakazu

    症例は27歳男性.生来糖原病Ia型と診断.15歳で肝腫瘤を指摘,18歳時に肝動脈塞栓術を受けた.以後腫瘍径が増大するため紹介された.肝S4S8に13 cmの腫瘍と両葉に小さな多発腫瘍を認め,S4S8腫瘍は増大傾向があり肝切除を施行し小腫瘍も切除生検した.病理組織学的に肝細胞腺腫(HCA)で,免疫染色でinflammatory HCAであった.糖原病Ia型に合併した多発HCAを経験したので報告する.

    Nippon Shokakibyo Gakkai Zasshi 111(4), 787-796, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • 座談会 非B非C型肝癌を考える  [in Japanese]

    小池 和彦 [司会] , 建石 良介 , 橋本 悦子 [他]

    The liver cancer journal : 季刊学術雑誌 5(4), 241-249, 2013-12

    Ichushi Web 

  • Biopsy diagnosis of nonalcoholic fatty liver disease  [in Japanese]

    橋本 悦子

    臨床検査 57(4), 421-426, 2013-04

    Ichushi Web 

  • 肝疾患と栄養療法  [in Japanese]

    橋本 悦子

    日本臨床栄養学会雑誌 35(4), 184-187, 2013

    Ichushi Web 

  • 総合診療科で経験した敗血症性ショックの1例-Fusobacterium sp.による多発肝膿瘍  [in Japanese]

    水谷 薫 , 齋藤 洋 , 齋藤 登 , 野村 馨 , 安藤 智博 , 戸塚 恭一 , 向井 彩子 , 橋本 悦子 , 立元 敬子

    第343回東京女子医科大学学会例会 平成23年2月26日(土) 総合外来センター5階 大会議室

    東京女子医科大学雑誌 81(1), 56-56, 2011-02-25

    IR  Ichushi Web 

  • Two Siblings Cases of Congenital Hepatic Fibrosis.  [in Japanese]

    SHIZUMA Taru , HASEGAWA Kiyoshi , HASHIMOTO Etsuko , TANIAI Makiko , KARASAWA Eii , OKUDA Hiroaki , YAMAUCHI Katsumi , HAYASHI Naoaki

    症例は21歳女性と26歳男性の同胞.門脈圧亢進症の精査のため&院し,食道胃静脈瘤とCTにて肝線維化の所見が認められた.2症例とも腹腔鏡検査では,肝表面に瀰漫性の白色紋理が認められ,先天性肝線維症の診断に有用であった.先天性肝線維症は遺伝疾患であるか,同胞発症例は稀であるため,文献的考察を加えて報告した.

    GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY 42(1), 50-55, 2000

    J-STAGE 

  • A Case of Insulin-Dependent Diabetes Mellitus developing during Interferon Therapy for Chronic Hepatitis Type C.  [in Japanese]

    Yanagisawa Keiko , Amemiya Teiko , Morita Yuko , Kuroki Hiroyuki , Sanaka Mayumi , Uchigata Yasuko , Omori Yasue , Hashimoto Etsuko , Hayashi Naoaki

    インターフェロン (IFN) 投与後に自己免疫疾患が発症する症例や自己抗体価の上昇する症例が報告されている.我々は, C型慢性肝炎に対するIFN療法中に発症したインスリン依存型糖尿病 (IDDM) を経験した.症例は, 37歳, 男性.1992年12月, C型慢性肝炎活動型に対してIFN療法が開始された.1993年4月より, 口渇, 多飲, 多尿, 体重減少が出現.5月, 傾眠傾向もみられるように …

    Journal of the Japan Diabetes Society 38(4), 283-288, 1995

    J-STAGE 

  • S2-7 わが国における肝移植推進に向けて : 問題点の整理と克服すべき課題(肝移植の現状と諸問題)  [in Japanese]

    寺岡 慧 , 中村 道郎 , 石田 英樹 , 佐藤 純彦 , 星野 智明 , 小池 太郎 , 阿部 正浩 , 春口 洋昭 , 尾崎 倫考 , 広谷 紗千子 , 北島 久視子 , 新開 真人 , 赤松 眞 , 藤田 省吾 , 中島 一朗 , 河合 達郎 , 淵之上 昌平 , 太田 和夫 , 竹波 和之 , 大坪 毅人 , 山本 雅一 , 高崎 健 , 羽生 富士夫 , 橋本 悦子 , 林 直諒

    The Japanese journal of gastroenterological surgery 27(6), 1266, 1994-06-01

    Ichushi Web 

Page Top