草間 隆 KUSAMA Takashi

ID:9000045459191

山形大学大学院理工学研究科 Graduate School of Science and Engineering, Yamagata University (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Improvement of Unsupervised Adaptation in Lecture Speech Recognition  [in Japanese]

    KUSAMA Takashi , OKUYAMA Yohei , KATOH Masaharu , KOSAKA Tetsuo , KOHDA Masaki

    近年,自然発話に近い大規模な音声データベースを用いて,大語彙連続音声認識が研究されている.本論文では,2004年6月に公開された「『日本語話し言葉コーパス:CSJ』最終公開版」を用いて,教師なし適応の改善を検討した.対角共分散音響モデルと全共分散音響モデルを作成し,音響・言語モデルの繰り返し教師なし適応を検討した.さらに,認識結果に含まれる品詞情報に基づいて適応データの選択や重み付けを検討した.公 …

    IEICE technical report 107(116), 73-78, 2007-06-21

    References (11)

  • Performance evaluation of lecture speech recognition by pronunciation variant model using Corpus of Spontaneous Japanese  [in Japanese]

    ABE Takuya , KUSAMA Takashi , TAKEDA Chiharu , KATOH Masaharu , KOSAKA Tetsuo , KOHDA Masaki

    近年, 自然発話に近い大規模な音声データベースを用いて, 大語彙連続音声認識が研究されている.本論文では, 2004年6月に公開された「『日本語話し言葉コーパス: CSJ』最終公開版」の書き起こしテキストを用いて, 音声に忠実な読みを持つ形態素解析データを作成し, その解析データから構築した言語モデル(これを, 発音変形依存モデルと呼ぶ)の性能評価を行う.さらに, 音響モデル, 言語モデルに対して …

    IPSJ SIG Notes 59, 25-30, 2005-12-21

    References (11)

  • Performance evaluation of lecture speech recognition by pronunciation variant model using Corpus of Spontaneous Japanese  [in Japanese]

    ABE Takuya , KUSAMA Takashi , TAKEDA Chiharu , KATOH Masaharu , KOSAKA Tetsuo , KOHDA Masaki

    近年, 自然発話に近い大規模な音声データベースを用いて, 大語彙連続音声認識が研究されている.本論文では, 2004年6月に公開された「『日本語話し言葉コーパス: CSJ』最終公開版」の書き起こしテキストを用いて, 音声に忠実な読みを持つ形態素解析データを作成し, その解析データから構築した言語モデル(これを, 発音変形依存モデルと呼ぶ)の性能評価を行う.さらに, 音響モデル, 言語モデルに対して …

    IEICE technical report 105(493), 25-30, 2005-12-21

    References (11) Cited by (1)

  • Performance evaluation of lecture speech recognition by pronunciation variant model using Corpus of Spontaneous Japanese  [in Japanese]

    ABE Takuya , KUSAMA Takashi , TAKEDA Chiharu , KATOH Masaharu , KOSAKA Tetsuo , KOHDA Masaki

    近年, 自然発話に近い大規模な音声データベースを用いて, 大語彙連続音声認識が研究されている.本論文では, 2004年6月に公開された「『日本語話し言葉コーパス: CSJ』最終公開版」の書き起こしテキストを用いて, 音声に忠実な読みを持つ形態素解析データを作成し, その解析データから構築した言語モデル(これを, 発音変形依存モデルと呼ぶ)の性能評価を行う.さらに, 音響モデル, 言語モデルに対して …

    IEICE technical report 105(495), 25-30, 2005-12-21

    References (11)

Page Top