伊藤 大地 ITO Daichi

ID:9000045470584

名古屋大学大学院工学研究科 Graduate School of Engineering, Nagoya University (2006年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • An LSI design to support Sound Finite Difference Time Domain Method  [in Japanese]

    ITO Daichi , KOBAYASHI Ryotaro , SHIMADA Toshio

    FDTD (Finite Difference Time Domain)法は, 様々な構造物を扱えること, さらに他の数値解析法に比べて簡便な手続きで解が得られることから, 最近音場解析にも利用されつつある.しかし, FDTD法は解析領域が大きくなると計算時間が膨大になる問題がある.本論文では, 音場解析に用いるFDTD法の演算時間の短縮を目指して専用LSIを設計し, FPGAを用いてその有効性を …

    情報処理学会研究報告. SLDM, [システムLSI設計技術] 123, 13-18, 2006-01-17

    References (2)

  • An LSI design to support Sound Finite Difference Time Domain Method  [in Japanese]

    ITO Daichi , KOBAYASHI Ryotaro , SHIMADA Toshio

    FDTD(Finite Difference Time Domain)法は, 様々な構造物を扱えること, さらに他の数値解析法に比べて簡便な手続きで解が得られることから, 最近音場解析にも利用されつつある.しかし, FDTD法は解析領域が大きくなると計算時間が膨大になる問題がある.本論文では, 音場解析に用いるFDTD法の演算時間の短縮を目指して専用LSIを設計し, FPGAを用いてその有効性を調 …

    IEICE technical report 105(514), 13-18, 2006-01-11

    References (4) Cited by (1)

  • An LSI design to support Sound Finite Difference Time Domain Method  [in Japanese]

    ITO Daichi , KOBAYASHI Ryotaro , SHIMADA Toshio

    電子情報通信学会技術研究報告. CPSY, コンピュータシステム 105(516), 13-18, 2006-01-11

    References (2)

  • An LSI design to support Sound Finite Difference Time Domain Method  [in Japanese]

    ITO Daichi , KOBAYASHI Ryotaro , SHIMADA Toshio

    FDTD(Finite Difference Time Domain)法は, 様々な構造物を扱えること, さらに他の数値解析法に比べて簡便な手続きで解が得られることから, 最近音場解析にも利用されつつある.しかし, FDTD法は解析領域が大きくなると計算時間が膨大になる問題がある.本論文では, 音場解析に用いるFDTD法の演算時間の短縮を目指して専用LSIを設計し, FPGAを用いてその有効性を調 …

    IEICE technical report 105(517), 13-18, 2006-01-10

    References (2) Cited by (1)

  • An LSI design to support Sound Finite Difference Time Domain Method  [in Japanese]

    ITO Daichi , KOBAYASHI Ryotaro , SHIMADA Toshio

    FDTD(Finite Difference Time Domain)法は, 様々な構造物を扱えること, さらに他の数値解析法に比べて簡便な手続きで解が得られることから, 最近音場解析にも利用されつつある.しかし, FDTD法は解析領域が大きくなると計算時間が膨大になる問題がある.本論文では, 音場解析に用いるFDTD法の演算時間の短縮を目指して専用LSIを設計し, FPGAを用いてその有効性を調 …

    IEICE technical report 105(515), 13-18, 2006-01-10

    References (2)

Page Top