神戸 雅一 KANBE Masakazu

Articles:  1-1 of 1

  • A Discussion on Knowledge of the Privacy Protection in RFID System  [in Japanese]

    KANBE Masakazu , YAMAMOTO Shuichiro

    RFIDはその技術特性の非接触性により不正なデータの取得と利用の懸念が払拭できずにいる.こうした懸念は, プライバシ保護運動により表面化し, RFIDシステム導入の課題となっている.本稿ではRFIDシステムに関する社会的課題, 技術的課題を整理し, RFIDシステムを運用するうえでのプライバシ保護知識について考察する.

    Technical report of IEICE. KBSE 105(545), 7-12, 2006-01-16

    Cited by (2)

Page Top