前田 潤平 Maeda Junpei

Articles:  1-4 of 4

  • Case reprot : Fibroadenoma arising in an axillary accessory mammary gland : Report of a case  [in Japanese]

    Ohno Tsuyoshi.et.al. , 渡海 由貴子 , 前田 潤平 [他]

    症例は47歳女性,増大傾向をもつ右腋窩腫瘤を主訴に近医に受診,手術目的に当科外来に紹介された,臨床所見上,右腋窩に2.5cm大の可動性良好な腫瘤を触知した,マンモグラフィーでは腋窩領域に境界明瞭な中心高濃度の腫瘤像を認め,乳腺超音波検査では低エコー病変で内部エコーは均一,後方エコーの増強を伴っていた.胸部MRIではT2強調像,拡散強調像にて内部均一的な高信号を呈し,m造影では比較的均一な造影パター …

    Nagasaki Igakkai zasshi = Nagasaki medical journal 86(4), 213-218, 2011-12

  • Breast-conserving Surgery and Sentinel Lymph Node Biopsy for Breast Cancer in Nagasaki Municipal Hospital During a 17-Year Period  [in Japanese]

    Tsuyoshi Ohno.et.al. , 前田 潤平 , 小原 則博 [他]

    【目的】当院での過去17年間にわたる乳房温存療法とセンチネルリンパ節生検(SLNB)の導入に代表される乳癌術式の変化と発症年齢の変化について明らかにする。【対象と方法】1993年1月から2010年12月までの当院で施行された原発性乳癌758例を対象とした。各年における男女数、左右数、乳房術式、腋窩術式、平均発症年齢について検討した。【結果】758例全例について、平均年齢は58.7±13.0歳、女性 …

    Nagasaki Igakkai zasshi = Nagasaki medical journal 86(3), 123-128, 2011-09

    Ichushi Web 

  • Metachronous contralateral breast cancer during treatment with tamoxifen and LHRH agonist: report of a case  [in Japanese]

    Tsuyoshi Ohno.et.al. , 曽根 美佳 , 前田 潤平 [他]

    47歳女性,右乳房D領域に腫瘤を自覚し当院外科受診,乳腺超音波検査(US)で12×9mm大の乳癌に対し乳房全切除,センチネルリンパ節生検を施行,病理組織学的検査にて,硬癌,12×9mm,pT1c,pN0(SN 0/3),M0,StageI,エストロゲンレセプター(ER)陽性,プロゲステロンレセプター(PgR)陽性であった.閉経前ホルモン陽性乳癌であったため術後はLH-RHアゴニストとタモキシフェン …

    Nagasaki medical journal 86(2), 86-91, 2011-06

    Ichushi Web 

  • 第16回 長崎乳腺外科研究会 一般演題 9 当院における両側同時性乳癌の経験  [in Japanese]

    Hayashida Naomi , Miyata Akimi , Uga Tatsuya , Ohara Norihiro , Asakawa Takayuki , Inoue Keiji , Maeda Junpei , Kawai Kiyoko

    Nagasaki Igakkai zasshi = Nagasaki medical journal 78(1), 23-23, 2003-03

    Ichushi Web 

Page Top