テーシャギットカチョン タードサク TACHAKITKACHORN Terdsak

ID:9000045497396

大学院自然科学研究科:チュラロングコーン大学 Graduate School of Science and Technology, Kobe Univ.:Chulalongkorn Univ. (2005年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 1851年-1921年のバンコク旧市街地における土地の形成過程 : チャウプラヤー・デルタにおける居住空間の環境共生型計画 その1

    テーシャギットカチョン タードサク , 重村 力

    1.はじめに チャウプラヤー・デルタにあるその他の地域と同様に、バンコクは独特な開拓手法によってつくられてきた。この開拓手法を通して、居住するのに困難であったデルタの低湿地地帯は、陸と水との調和がとれた環境共生的で豊かな生活空間へと、数百年の歳月をかけて、ゆっくりと変遷してきた。特に水文化から陸・水両立文化への転換期であるラマー4世からラマー5世の治世の間に、開拓の英知が多くみられる。ところが、ラ …

    日本建築学会計画系論文集 70(591), 103-109, 2005

    J-STAGE 参考文献9件

ページトップへ